きよこの書き散らかし小説。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様がくれた
じいに捧ぐ物語。

目次へ
ブログTOPへ

第44話 帰ろう。

+++++++++++++

その日の夜、実由はなかなか寝つくことが出来なかった。
 ジーに会えなくなることや、片手一本で数えられる日数で海の家を去る日が近付いていることが寂しくてしかたなかった。

 海にたどり着いたあの日、当てどもなくさまよいながら、求めるものもわからないまま、迷路の中にいた。
 八方塞の状況の中で、何に迷い何に戸惑い何におびえているのかさえわからなかった。
 道しるべの無い道は恐ろしくて、進み始めることを拒む。
 けれど、行かなければならない。

 怯えや恐れを取り除きたかったのかもしれない。
 寂しさや震えを消し去りたかったのかもしれない。

 方法も手段も知らず、その場所に佇むことしかできなかった。

 そんな実由を見つけてくれたのは厚志で、背中を叩いてくれたのは和斗だった。そして、行くべき場所を教えてくれたのは――ジーだ。

 安らげる場所で癒される時間は必要だけれど、そこに留まれば、いつしか自分は壊れていく。また道を見失い、戸惑い、進めなくなる。
 立ち上がり、歩み始めなればならない。

 それは、今であり、今しかなかった。

 砂のお城はいつか崩れ落ちるけれど、お城を作ったという事実は、記憶に留まり形付けられ、忘れ去られても糧となって残る。
 人間が食物を摂取し、それが咀嚼され胃で消化され排出されても、必要なものは体を巡る栄養となる。
 同じことが、実由の心に起こっていた。

 眠りにつこうとしない体を起こすと、窓の外に広がる白み始めた空が目に入った。朝の訪れを目前とする空は静粛ではりつめた空気を持っている。
 太陽もまだうとうとしているような時間だ。気温は少し冷えていて、タンクトップだけの上半身には、鳥肌が立っていた。
 時折、ジジ、とアブラゼミが鳴く。瞬間、実由は波の音を聞いた。

 海が近いこの家は、鳴り止まない波の音色に、いつも身を委ねている。だけど、毎日過ごすうちに、耳はその音を聞き取ろうとせず、意識の外側で気付けば流れているBGMのようになっていた。
 だから、なんとなく、波の音を意識したことが久々に感じられた。毎日のように聞いているのに、今日だけは特別に思えた。
 誘われるように、パーカーをはおりながら、外に出た。

 コンクリートの壁は、夜の冷え込んだ空気を含んで、ひんやりと冷たい感触を残す。手でなぞりながら、道路を進んでいく。
 手に持ったケータイをかざして、海を撮る。
 まだ闇の中にいる空は藍色で、水平線の方に向かって色を薄め、グラデーションになっていた。

 そろそろ夜が明けるだろう。
 実由は歩調を速め、水族館を目指す。


 ***


 水族館にたどり着いた頃には、だいぶ空も白み始めていた。
 ぽかんと浮かんだ満月が、薄く白く空に融ける準備を始めている。

 ジーが座るいつもの場所に座り、ジーの目の位置にケータイのカメラが来るように、手をかざす。慎重にアングルを調整し、ボタンを押した。
 カメラのシャッター音を模した、機械的な音が静かな空に響く。
 鳥がバタバタと飛んでいった音が聞こえた。

 ケータイの画像は荒く、月もぼんやりとしか映っていない。だけど、これ以上、綺麗な写真は撮れる気がしなくて、保存のボタンを押した。
 そのまま、画像に文字を入れる。親指をすばやく動かして、ジーへのメッセージを書き込んだ。

 ジーはきっと転院先を教えてくれないだろう。
 もう会うことは無いのかもしれない。

 だからこそ、何かを残したかった。
 ジーの記憶に鮮やかに残り、消えない思い出にしてほしかった。

 体を駆け巡る栄養のように、ジーの全身に刻み込まれ、礎となってほしかった。

 実由の中のジーがそうであるように。

「ジーは本当にかぐや姫みたい」

 ぽつりとつぶやく。

 月を眺め、どこか遠くに思いを馳せていた。
 帰る場所を求め、居るべき場所を探っていた。

 ここではない、別の場所。そこにあるはずの、自分だけの居場所。

 それは、実由もまた求めているものだった。


 ジーにとって帰る場所はどこだったのだろう。
 かぐや姫にとって、月が帰る場所だったのと同じように、ジーは帰る場所を見つけたのだろうか。

 ――そして、実由自身は?


 目を閉じる。
 一筋の光は水平線を照らし出し、海と空の境界線を指し示す。

「私にとっては、ここだった」

 ジーと隣り合って座った芝生をさする。

 帰る場所も居るべき場所も、不確定で不明瞭だ。
 今日はそうであっても、明日は違うかもしれない。

 だからこそ、大事にしたいし、大事にしなければならない。
 

「ジーにとっても、きっとここだったんだね」

 そして、次にジーが帰る場所は。

「ジーの家族のところなんだ」

 帰ろうと、思った。

 ジーと同じように。

 お父さんとお母さんとお兄ちゃんが待つ家へ。

 太郎が新たに加わる家族の下へ。

+++++++++++++

次話(第45話)へ
目次へ
ブログTOPへ

拍手いただけると嬉しいです!

【2009/07/09 02:38】 | 神様がくれた(恋愛)
トラックバック(0) |
神様がくれた
じいに捧ぐ物語。

目次へ
ブログTOPへ

第43話 君に会えて。

+++++++++++++

「太郎!」

 動物病院に到着した実由は、太郎のいる檻へ駆け込んだ。
 実由の姿を見つけた太郎は千切れんばかりにしっぽを振って出迎えてくれた。
 大きな傷を受けたせいもあって動きは鈍いが、表情は明るい。
 実由が柵ごしに手を差し出すと、ぺろぺろとなめてきた。
 くすぐったい舌の感触に大笑いしながら、太郎の頭を撫で回す。

「太郎、よく頑張ったね」

 うん、と返事をしそうなほど、太郎はキラキラとした目で実由を見つめてくる。

「今日は一応様子を見て、明日には退院できますから」
「ありがとうございました」

 獣医は相変わらず無愛想に実由を見下ろしていたが、実由がお礼を言うと、わずかだが微笑んだ。

「よかったですね」

 まさかそんなことを言ってくるとは思っていなくて、実由は思わず獣医を凝視してしまった。冷たい表情をしているけれど、意外と優しい先生なのかもしれないと、今更ながら思う。

「私は席をはずしますから、気が済んだら受付に行って下さい」

 スリッパの音を大きく響かせながら、獣医は出て行ってしまった。
 キュウン、と鼻を鳴らす太郎の耳をつんつんといじって、実由はバッグから首輪を取り出した。
 ジーが太郎のために用意していた物だ。

「太郎、ジーからのプレゼントだよ」

 太郎の白い毛に赤い首輪はよく映える。毛に隠れて骨の形のチャームが首元で揺れた。

「太郎はね、今日から朝比奈太郎になるんだよ」

 呼びかけたら、太郎は嬉しそうにしっぽを振ってくれた。太郎の頭をなで、柵越しにぎゅっと抱きしめる。触り心地の悪い固い毛が鼻をくすぐって、実由はくすくすと笑う。

 太郎は飼い犬になる。もう保健所に連れて行かれる心配は無い。

 家族が増えた喜びを、実由は噛みしめる。

「太郎。これから、よろしくね」

 実由の髪の毛を太郎がアムアムと噛んでくる。「止めてよう」と笑いながら、さらに強く抱きしめた。

 太郎は、長い苦しみに耐え抜いて、必死に生を勝ち取った。そして、実由の元に戻ってきてくれた。
 愛しくて、たまらなかった。
 太郎の温もりがここにある現実が、ただただ愛おしかった。


 ***


 太陽の光を受けて、水面がきらめく。
 遠い水平線の向こうを、船が通り過ぎてゆく。
 海風でなぶられる髪を押さえ、空を見上げた。
 真っ青な空の真ん中で、太陽が白く輝いている。
 じりじりと肌を焼く光がアスファルトの地面に反射して、足元からも焼けつくような熱が立ち上る。

 昼休みの時間を利用して、実由はジーの元に向かっていた。
 太郎のことを話したかった。事故にあったことは話していないし、話す気もないけれど、太郎の首輪を渡したことは伝えたい。
 鳴り止まない蝉の声を一身に浴びながら、病院の入口に入る。
 クーラーのきいた室内は、体中から吹き出ていた汗を一瞬でぬぐってくれる。
 エレベーターに飛び乗り、ジーの病室を目指す。

「あら、あなた」

 廊下を歩いていたら、誰かに呼び止められて、実由は顔をあげた。
 猫背の体を縮こまらせてしかめ面を向けてくる女は、ジーの息子のお嫁さん――ジーの家にいた女――だった。

「こ、こんにちは」

 ジーをかばうためとはいえ、生意気な口を利いてしまったから、どうにも顔を合わせづらい。目線をそらして、リノリウムの床を睨みながら挨拶をする。

「……うちのおじいちゃんと、本当に知り合いだったのね」
「え? あ、はい」

 疑われていたのか、実由は小さくため息をついた。

「今度、転院させることになったから。お見舞いに来てもいないからね」
「てん、いん?」

 聞きなれない言葉に、首をかしげる。

「病院を変えるのよ。おじいちゃんの娘が面倒みるって言うから。そっちの家に近い病院に移らせるの」
「嘘!」
「嘘なんてついてどうするのよ」

 煩わしそうに低い声で吐き捨て、女は歩き出した。疲れきったと訴えるように、わざとらしく足をひきずり、廊下の奥に消えていく。
 実由はその背中を見送りながら、呆然とするしかなった。

 ジーがいなくなる。

 重くのしかかってくる現実が、苦しい。

 急ぎ足で病室へ入り、ジーのベッドに飛びついた。寝転がって本を読んでいたジーは、びっくりした表情を浮かべて、本を落としそうになっている。

「ジー、いなくなるってほんと?」
「あ、ああ。光子さんに聞いたのか?」

 光子さん――先ほどの女の名だろう。実由はかぶりを振る。

「実の娘がな……遠くに嫁に行っちまったんだが、俺の面倒をみたいって言ってくれたんだよ」
「でも、じゃあ、そ、い、行っちゃうの?」

 動揺が言葉ににじみ出る。うまく声が発せられず、どう言えばいいのかもわからなくなっていた。

「ああ。その方がいいと、俺も思うしな」
「遠くって、えと、どこ? 遠く、私、遠くって……」
「……ミュー」

 しわがれた手が、実由の頭をなでる。

「お前さんは一人でも大丈夫だ。俺に会えなくても、お前さんなら大丈夫だ」
「大丈夫じゃないよ! ジーがいなきゃ嫌だ。ジーがいなくちゃ嫌だよ」

 布団にかじりついて、涙交じりに叫ぶ。
 ジーは眉尻を下げて、困ったように笑った。

「ミュー。わかっているんだろう? 居心地のいい場所でゆっくりしていられるのは、人生のほんの一瞬だ。どんなにつらくても荒波に飛び込んでいかなきゃならん」
「嫌だ。ジー、ジーがいなきゃ、やだ」

 泣き言しか吐けなくて、そんな自分をだめな人間だと思うのに、抑えることなんてできない。聞き分けよく、ジーの言うことにうなずけない。
 ジーと離れたくない。いつでも会える距離にいたいのに、ジーはどこか遠くに行ってしまう。

「ミュー、よく聞け。俺はお前さんとずっと一緒にいる。遠く離れても、もう二度と会えなくても。お前さんのここに、いつもいるんだよ」

 実由の胸を指差したあと、ジーは自分の胸をトントンと叩いた。

「お前さんも、ずっと俺のここにいる」

 大粒の涙が頬を伝う。ジーは手を伸ばして、実由の頬に触れた。

「死ぬ前に、最高の女に出会えた」
「さいこうの、おんな?」
「ああ。お前さんはいい女だ。きっともっといい女になる」

 親指が動いて、実由の涙をぬぐってくれる。

「ミュー。もっともっといい女になれ」

 うん、うん、と何度も頭を振る。

「会えてよかった」

 ジーの手を握りしめて、抱きしめた。かさついた手のちょっと冷たい指先の感触とか、皮膚の固さとか、そんな些細なことも忘れないように、強く強く。

「ジー、大好き」

 世界で一番好き。実由はくり返しくり返しささやいた。

+++++++++++++

次話(44話)へ
目次へ
ブログTOPへ

拍手いただけると嬉しいです!

あとがき↓
更新が遅くて本当に申し訳ありません・・・
いつものごとくスランプ中です(涙)

雨の季節はやる気も雨に流されるのですよ(TωT)

ブログで連載を開始すると言っていた『ライオンの子』という小説ですが、もう少し、というかもうしばらくお待ち下さい。
やる気と根気が復活したら、始めたいと思います。

この『ライオンの子』ですが、小説家になろうというサイト様で、すでに完結済みです。
アルファポリスのミステリー小説大賞に応募しておりますので、お暇でしたら読んでいただけると嬉しいです。
ついでに面白かったら一票いただけると、さらに嬉しいです(^^)


ライオンの子↓
rk.gif




追記を閉じる▲

【2009/07/01 02:48】 | 神様がくれた(恋愛)
トラックバック(0) |
神様がくれた
じいに捧ぐ物語。

目次へ
ブログTOPへ

第42話 心、染まる。

+++++++++++++

 夜空はいつも変わらず綺麗だ。
 波が揺れるたびに、月の光も揺らぐ。散りばめられた星は青白い光を降り注ぐ。
 実由はひとり、水族館の裏庭に来ていた。
 太郎もジーもいない。初めて、この場所で一人で過ごす。

 ジーのことを思う。

 ジーはここで何を考えていたのだろう。過去の陰影を顧みるのか、未来の光を見つめるのか、現在の姿を追うのか……。

「ふられちゃった」

 苦しい。悲しい。辛い。でも、心の中は妙にすっきりしていた。
 全力を尽くした。間違ったこともしたけれど、自分で出来る限りのことをやった。それでも叶わない――それが恋だ。
 相手がいて、相手の思いがあって、成り立つもの。思うとおりになんていくわけがないし、いかないことの方が多い。

 膝に顔をうずめて、瞳を閉じる。波の音が耳の奥で響いて、暗いまぶたの裏で、海がたゆたう。

 涙がにじむ。

 さようなら、とつぶやいた。
 新しい恋に出会うまで、さようなら、恋する心。そう繰り返して、波の音に耳を澄ませた。

 またいつか恋をするだろう。
 誰かに出会って、恋に落ちるだろう。

 その時、きっと恋する気持ちはふわりと浮いて、過去のつらい恋を思い出に変えてくれる。
 それまでは、苦しんで悲しんで切なく思うだろうけど。大丈夫、実由はそう思う。

「おい」

 ふいに後ろから声が聞こえてきて、実由は顔をあげた。
 一定のトーンを崩さないぶっきらぼうなこの声の持ち主を実由はよく知っている。
 振り返って、小さく笑いかける。

「和くん、どうしたの」

 いつもの不機嫌顔のまま、和斗は手をポッケに突っ込んで仁王立ちしていた。

「……お前こそ、何してんだよ」
「何も。月を見てただけ」

 そう言って、実由はまた月を見上げた。ウサギの半分を影にして、ぼんやりと光を湛える。

「心配するだろうが」
「心配してくれてたんだ」
「……いや、そういうわけじゃ、ねえけど」

 和斗は素直じゃない。
 プッと吹き出して笑ったら、和斗は不服そうに口を尖らせて、隣に座ってきた。

「兄貴と、何かあったのか」
「うん。ふられた」

 あっさりと答えたら、和斗は目を丸く見開いて、何か言いたそうに口をパクパクと動かした。

「でも、これで良かったんだよ。略奪愛なんて、私には向いてないし……それに」

 厚志に甘えたいだけの恋だったから。心の中でだけ、そう言った。

「お前はほんと……なにするかわかんねえ女だな」
「そうかな」
「変な質問はしてくるし、行動は突拍子がねえし。放っておけねえよ」

 鋭い目を細めて、和斗は右の口角だけをあげてにやりと笑う。その仕草がジーに似ていたから、実由はなんだかくすぐったくなった。
 和斗の目に、月明かりが反射する。柔らかい光は和斗の表情さえも優しくさせる。

 もしかしたら、落ち込む実由を心配して、探してくれていたのかもしれない。
 和斗は言葉にしないだけで、いつも行動で優しさを示してくれる。わかりづらいけれど、知れば知るほど、和斗の温かさが見えてくる。
 厚志も和斗も、表現の仕方が違うだけで、すごく優しい。

 実由に、温かい時間をくれた。

「和くん、ありがと」

 素直な言葉を吐いたら、和斗は頬をほんのりと赤く染めて、鼻の頭をぽりぽりと掻いた。

「帰るぞ」
「うん」

 立ち上がって尻についた草を払っていたら、和斗は振り返りもせずに歩き出してしまった。
 背中を追いかけながら、実由は降りしきる雪のように舞い落ちて、真っ白に染まる心を見つめていた。
 自分の中の何かが、変わりゆくのを知った。

 恋の終わりは、新たな自分を見出してくれた。



 ***

 知らせが届いたのは、実由と和斗が高山食堂に戻ってすぐだった。
 鳴り響く電話を誰かが取ったのか、家の中は急に静まり返って、しばらく後。里美が部屋に戻ろうとする実由を呼び止めて、嬉しそうに頬をあげて笑った。

「実由ちゃん、あのワンちゃん、目を覚ましたみたいよ」

 一瞬、何を言われたのか理解できず、実由は眉間に皺を寄せ首をかしげた。
 部屋に入りかけていた和斗が「助かったんだ」とほっと息を吐いたのが聞こえてきて、頭の中が急激に動き出した。

「う、うそ。本当!?」

 思わず里美の手をつかむ。

「本当よ! 獣医さんが、あと少し入院したら大丈夫だろうって。良かったわねえ」
「本当に、本当なの?」
「実由ちゃん、本当に本当!」

 口に手を当て、歓喜の声を我慢したら、涙が押し寄せてきた。
 声は我慢できたのに、涙は我慢できなくて、滝のように流れ落ちる。

「実由ちゃんの思いが届いたんだよ。よかったね」

 よしよし、と頭をなでられたら、涙はよけいに止まらなくなった。ウック、ヒック、と嗚咽をこぼして泣き続ける実由を里美は抱きしめてくれる。
 里美の後ろで、和斗が穏やかに笑っていた。

 よかったな、そう言うように。

+++++++++++++

次話(43話)へ
目次へ
ブログTOPへ

拍手いただけると嬉しいです!

あとがき↓
やっと最終話まで書き終えました。
私のだめなところではあるのですが、山場がない(^^;

実由が大切なものを見つける物語です。
静かな時の流れの中で、ゆっくりと進む心と時間を表現出来ていたらと思います。
ここから先は毎日更新でラストまでやる予定です(あくまで予定です涙)。

ただいま『Deep Forest』という恋愛小説を書いているのですが、それと並行して『ライオンの子』という作品を書いていこうと思っています。
こちらは『小説家になろう』ですでにラストまで執筆済みなのですが、長すぎるお話なので、リライト・ショートバージョンでまたもう一度こちらのブログで書き進めてみようと思っています。

ここのブログの作品のみをお読みの方からすると、もしかしたら180度イメージの違う物語かもしれません。
サイコサスペンス(のつもりで書いてたけどたぶん違う。ジャンルは何?笑)なので。
興味がありましたら、読んでいただけると嬉しいです。



追記を閉じる▲

【2009/06/09 02:34】 | 神様がくれた(恋愛)
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。