きよこの書き散らかし小説。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fly high, High sky

目次へ
TOPへ

第15話 私たちの距離

+++++++++++++++

 福島県から南下し、千葉県を目指す。
 途中途中でコンビニに立ち寄り、その度に私はしびれた足と腰を伸ばした。
 さすがに三日連続の運転は疲れた。そろそろこの旅も終わりにしたいと言ったら、美月は怒るだろうか。
 本日五件目のコンビニに寄る頃には、すっかり日も暮れ始めていた。
 田舎道のコンビニは、隣にある林からの蝉の声が絶えず聞こえ、アスファルトから立ち上る熱気のせいか蜃気楼のように思えた。
 自分勝手な美月は、運転手そっちのけでまたもや爆睡している。
 天使のような寝顔をひょっとこみたいな顔になるまでつねってやりたい衝動を抑えて、コンビニに入った。
 冷房の効いた店内に入ったら、暑さに慣れてきていた体をいっせいに鳥肌が覆いつくす。
 腕をさすりながら、せわしなく動いている店員のおばちゃんに声をかけた。

「この辺にビジネスホテルってあります?」

 なんか仕事をしている最中に話しかけられたからだろう。ものすごいめんどくさそうな顔をされてしまったが、おばちゃんは「もう少し行ったら、名前は忘れたけど安いホテルありますよ」と指をさして教えてくれた。
 お礼のつもりでアイスとガムを買って、コンビニを出る。途端に蝉の声が雨みたいに降り注ぐ。

 いつの間に起きたのか、美月が車から出て、ぼんやりと夕焼けを眺めていた。

「眠り姫、お目覚めですか」
「王子様がなかなか現れないから、自分で起きました」
「まあ、哀れ」

 助手席側で車にもたれかかる美月に、運転席側からアイスを手渡すと「わああ! ありがとう!」と大歓声を上げてアイスにかぶりつく。

「綺麗だね」

 光を陽炎みたいに漂わせ、少しずつ暮れていく太陽は、美月の白い肌をオレンジに染めていた。

「私、夏の夕暮れって好きだなあ」

 感慨深げにつぶやく。私もうんうんと深くうなずいた。

「夏は夕暮れだっけ? あ、夏は夜か」

 昔、教科書で読んだ何かの言葉を思い出した。春はあけぼの……なんとかかんとか。

「春はあけぼの、夏は夜、秋は夕暮れ、冬はつとめて、ってやつでしょ? 清少納言の枕草子だよ」
「美月、よく覚えてたね」

 当然でしょ、とつんとすまして見せる美月をわざと鼻で笑ってやる。

「夏は月夜もいいし、蛍もいいよね、雨が降っても赴きあるじゃん。っていう内容だよ。私も好きだなあ。清少納言、いいこと言うよ。夏の涼しい夜風に風鈴が鳴ってさ、まんまるの月が白く輝いてるの。蛍が星みたいに夜空を舞って。雨の名残みたいな湿気の匂いもたまらんたまらん」

 美月が言うと、清少納言の赴きある言葉も台無しに軽くなる。

「そろそろ行こっか。早く休みたいでしょ」

 美月に促され、車に乗り込む。
 夕暮れの光は車の中もオレンジ色に染めていた。


 ***

 古びたビジネスホテルのツインルームにチェックイン出来た私たちは、すぐに思い思いに寛ぎだした。
 ゴハンはいつも通りコンビニ弁当で済ませ、たらふくになったところで、私はすぐに風呂に入った。
 髪を乾かし、ベッドに潜る。
 美月は風呂に入らずに寝巻きに着替え、お菓子を抱えてテレビに見入っている。
 連日の運転ですっかり疲れている私は、布団に入った時点ですでに半分眠りそうになっていたが、テレビの音が気になって、なかなか寝付けない。

 美月に「そろそろ寝ようよ」と声をかけたら、素直にベッドに倒れこんだ。
 歯磨きは? と言おうと思ったけど、めんどくさいから言わないことにした。
 美月が布団にちゃんと入ったのを見届けて、部屋のライトを消す。
 窓のカーテンの隙間から零れ落ちるネオンの光が、薄闇の中でレース模様を描いていた。

「そういえば、美月はなんでこんな旅行思いついたの?」

 憂さ晴らしなら、別にこんなあっちに行ったりこっちに行ったりするようなしちめんどくさい旅をしなくてもよかったはずだ。海なり山なり、楽しめるスポットなんて山ほどある。

「えー。桃源郷探しだってばあ」
「はいはい。それはわかったから」

 美月の妄言には付き合いきれん。

「んー……なんて言うかなあ。私たち、今、いろんなことを決めなきゃいけない時期じゃん?」

 二十二歳。ストレートに大学に行った子なら、社会に出る歳だ。
 私たちは人生の大きな節目にいる。どこの会社に行くのか、どんな仕事をするのか、どうやって社会と関わるのか……。
 今決めた道によっては、仕事に生きることをこの先選ぶかもしれないし、腰かけOLになって結婚することになるのかもしれない。
 今はまだはっきりと見えないけれど、たぶん、大切な選択をしようとしているのだと思う。

「人生のおっきな岐路にいるんだよね。すごく大事なところにいる気がするんだ」

 うなずく。もしかしたら、私たちは、人生を左右する分かれ道の前に立たされているのかもしれない。
 その自覚はとてつもなく薄いけれど。

「だから……よけいにさ。今だから出来ることをしたいんだよね。こうやって意味もなんもないことが出来るのも、まだ子供で通じる今だけなんじゃないかって思うし」

 二十歳を越えれば大人の仲間入りだ。でも、学生という身分は、自分を子供のままでいさせてくれる。はめをはずしても許される甘えたポジションに、私たちは安住している。

「それにね、和実と二人で遊べるのも、これが最期な気がしてさ」
「何言ってんの」
「だって……大学入ってから、私たち、距離が出来たじゃん。なんとなく、こうやって疎遠になってくんだろうなって思ってたんだよ」

 美月と離れたくて、私はわざと美月と遊ばないようにした。
 そうしなければ、美月が嫌いになるって、自覚していたから。
 嫌だった。美月を嫌いになることが。だから、距離を置いて、嫌いにならないポジションを保ちたかった。

「きっとこのまま離れて、それこそ同窓会とかで会って『和実じゃーん、久しぶりー! 十年ぶりだよねー!』なんて言い合うようになるんだろうなって」

 小学生からずっと隣を歩いてきた。
 それが当たり前だった。
 だから、その当たり前を苦痛に感じ始めたことが、怖かった。
 離れていく距離を実感していたのは、何も私だけじゃなかったんだ。美月だって、気付いていた。
 私たちは、いつの間にか、お互いがお互いの距離を遠ざけたくて、それが怖くて近付きたくて、二人の間に出来た大きな溝に気付かないふりをし続けていた。本当はもう、とっくの昔に知っていたのに。

 もうきっと一緒にはいられない。
 亀裂は少しずつ広がる。

「ずっと子供でいられたらいいのにね。大人になんてなりたくないよ」
「そんなの、無理だよ」

 環境や友達を変えながら、どんどん大人になる。それは絶対に抗えない。

 天井に向かって伸ばされた美月の細い手が、薄闇に白く浮かびあがる。
 今頃気付いたけど、美月、やつれたんじゃないだろうか。
 細すぎる腕をつかんで「ちゃんとゴハン食べてんの?」と説教したくなったけど、ぐっとこらえた。

「もっと大人になったら、もっともっと私たち、離れていくよね。和実が中学生の時に言ってたみたいに。私たち、ずっと一緒にいられない」

 時間を止めてしまいたくなるんだよ。美月は呟いて、体をひねらせた。
 張りのあるシーツのすれる音が響く。

「ねえ、和実は中学生の時に言ったこと、まだそう思ってる? ずっと一緒にいることが、ずっと味方でいることが友達じゃないって、言ったじゃん? 今でもそう思ってる?」

 うん、小さくうなずいた。

 その考えは変わってない。
 ずっと一緒にいなくたって、味方だって言えなくなっても、それでも、私たち友達でしょ? そう言い合えるようになりたい。
 誰かに寄りかかるんじゃなく、自分の足で立つことが、美月には必要だと思うから。

「和実、私ね」

 美月の消え入りそうな声が、なんだか切なくて、私はぎゅっと目をつぶって、シーツに顔をうずめた。

「だめなんだ。何もなくなった気がして、自分が空っぽになった気がして。駿介と別れてから、もう、何も、見えなくなっちゃった」

 冷房の機械音が耳障りだった。
 美月のか細い声を聞き取ろうと、耳に神経を集中させるのに、妙な悪寒がして、意識が分散してしまいそうになる。

「怖い。怖いんだよ。独りでいることが怖いの。私、今、大切な時期にいるってわかってるのに、目指したいものが何も無くて、何をしたらいいのかわからないの……。皆、離れてくだけで、そばにいてくれない。全部、通り過ぎてくだけなんだよ。友達も彼氏も」

「美月、なに馬鹿なこと言ってんの」

 ばっと体を起こし、美月がいるはずのベッドを睨む。

「美月?」

 けれど、そこに、美月の姿は無かった。

+++++++++++++++

がんがん更新中!
目次へ
TOPへ

FC2blog テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

【2009/12/01 03:57】 | Fly high, High sky(青春コメディ)
トラックバック(0) |
Fly high, High sky

目次へ
TOPへ

第14話 心の傷

+++++++++++++++

「潮干狩りに行った時のこと、一昨日だっけ? 話したじゃない」
「うん」

 美月の顔が見れず、幻想的な夜空をじっと見据える。星と星をつなぐ線が現れ、これがふたご座だとかこぐま座だとか解説をしているけれど、ちっとも頭に入ってこない。

「……あさり、いっぱいとって、おすそ分けしたじゃん」
「そうそう。私、何軒も近所中歩き回ったもん」

 思い出して笑ってしまう。けど、美月の笑い声は聞こえない。
 空しくなって、乾いた笑いが口元にびたりとはりついたまま、顔が強張ってしまった。

「隣のおじさんに、あげた」

 消え入りそうな声はカタコトになっていて、聞き取りづらい。
 私は腰をあげて座り直し、美月の方に顔を傾けた。

「少し、寄って行けば、って家に、あがった」
「……おじさんに『家に寄って行きな』って言われたの?」

 主語の無くなった言葉は、意味を明確に伝えてはくれない。美月の言葉ひとつひとつを汲み取り、聞き返すことで、文脈を探ろうとする。

「まだ、子供だったから。わかってなかったの」
「うん。だって、小学生だったもん」
「あさりのお礼をするからって、言われて」

 震える美月の声が、プラネタリウムの解説の声と重なる。優しい響きが震えて消える。

「家に、上がったら、ね」

 話の筋は、察しがついていた。
 でも、美月が意を決して話そうとしているのを邪魔したくなくて、押し黙る。

「体を、触られた」

 ああ、と嘆息することしか出来なかった。
 どうして、気付かなかったんだろう。美月がずっと負い続けてきた陰は、小学生の、まだたった十歳の時に美月の背中にどさりとのしかかっていたのだ。

「胸を触られて、あそこも触られた。怖くなって、ひっぱたいて逃げた」
「うん」
「おじさんは、私が中学生になる頃に引っ越していなくなったけど、男の人の手が、怖くて、汚らしく思えて、でも、きっとあれは夢で現実じゃなかったって、何もなかったって、あのおじさんはもういないし、なにも怖がる必要ない、あんなことするのはあのおじさんだけだ、そう思って、逃げて、逃げて、逃げて、でも、でもね」

 早口にまくし立て、しゃくりあげる。
 涙交じりの声が、プラネタリウムの空に溶けていく。

「男の人が、怖かったの……」

 喉の奥がじわりと痛む。
 圧迫される痛みに、私は唾を何度も飲みこむ。

「あのことを夢だと思い込もうとして、いろんな人と付き合ったけど、結局、怖くなる。初めてエッチした時は勢いでなんとかなったけど、その後からは嫌悪感しかなかった。求められるから答えたけど、本当はしたくなかったの」
「……そっか」
「駿介には、全部話してから、付き合い始めた」

 目の前に広がる星が滲んで歪む。水滴を落としたみたいに広がり、ゆるゆるとたわむ。

「駿介は、支えてくれるって言ってくれた。でも……最後は支えきれなくなっちゃったみたいで、いなくなっちゃった……」
「……そうだったんだ」

 何も言葉が出てこない。
 唇が震えて、肺から空気が押し出され喉で詰まる。苦しくてたまらないのに、私は我慢した。そうしなければいけない気がしたから。

「今も、怖いんだよ」
「何が、怖いの?」

 美月の返事は無かった。

 ただ、満天の星を見つめるだけだった。


 ***

 人生はめまぐるしく変化する。
 たくさんの出来事が目の前を動いて通り過ぎる。
 翻弄されるのは、まだ世の中の渡り方ってやつを学んでいないからなのだろうか。
 私たちは、まだ人生の始まりの一ページを書き終えたに過ぎない。
 これからの長い人生を語る上での、序章を描いたに過ぎないのだ。
 それでも、それがあまりに過酷で辛く思えるのは、大人になりきれていないからなのだろうか。

「ふがーーーーーー!」

 美月が突然叫ぶから、私は驚きすぎてブレーキを踏んづけてしまった。
 急に停まったせいで、慣性の法則に従い、体が前のめりになり後ろにのけぞる。

「14でごわす!」
「はあ?」
「サイコロだよう。14が出たのー! ほらほら、ここ、見て!」

 運転してる最中だっつーのに美月は道路地図を押し付けてくる。後ろの車が車間距離を詰めて煽ってくるから気が気じゃない。
 バカ美月のせいで後ろの車におかまほられたら、しゃれにならん。

「見られないから、口で説明して!」
「うふふ」

 気持ち悪い含み笑いをして、美月は大きく手を広げた。

「ディズニーランドの方に行けるんだよーーー!」

 ……福島から浦安に逆戻りかよ……。

 まだまだ続く運転にうんざりしながらも、ディズニーランドには行きたくて足が軽くなった。

「それじゃあ、行きますか」
「行かれますか」
「ディズニーランドーーー!」

 同時に叫ぶ。私はアクセルを踏み込み、美月は窓を全開に開けて、外に向かって叫ぶ。

「ミッキー! あ-いーしーてーるー!」

 某芸人の物真似です。一応、補足。

+++++++++++++++

次話(第15話)へ
目次へ
TOPへ

FC2blog テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

【2009/11/30 04:03】 | Fly high, High sky(青春コメディ)
トラックバック(0) |
Fly high, High sky

目次へ
TOPへ

第13話 夢見る乙女

+++++++++++++++

4号から県道に入り、森林の中や畑の合間をひた走る。過ぎ行く景色を横目に、車は軽快に進んでいく。
 高原へとさしかかっているのだろう。道路は時折波打ち、その度、体を右に左に振られながら、私たちはそれでも和気藹々としゃべる。
 昼過ぎ、あぶくま洞の看板を見つけ、疲れた体を鞭打って、アクセルを踏んだ。
 広い駐車場には車が数台停まっているだけで、どうやら客は多くはなさそうだ。
 学生は夏休みに入ったとはいえ、やはりまだ混雑する時期じゃないのだろう。

 古びた建物の入場券売り場でチケットを二枚買い、浮き足立ちながら、洞窟への入口に進む階段を降りる。
 私たち以外に人はいないらしく、洞窟の中に入っても、声ひとつしなかった。

「妖怪の岩だって。怖いー!」

 どろりと融けたような岩が、まるで大きな手の平を広げて襲ってくるような格好でせり出している。
 美月は大げさに体を震わせて、横を通り抜け、どんどん先に進んでいく。
 滑らかな岩で覆いつくされた空間は、ドライアイスをところどころに置いたみたいに冷たく、冷気が漂っている。真夏の暑さなんてどこかに置き去りにしたような切り取られた異空間に、体も心も底冷えする。
 鳥肌のたった腕をなでながら、岩と岩の隙間を通り抜ける。
 大きなモミの木に似た三角形を連ねた岩や、滝をそのまま凍らせたような岩。水によって少しずつ模られた自然の芸術に目を奪われながら、一歩一歩歩を進める。
「クリスマスツリー」だとか「きのこ岩」だとか名前がつけられた岩を見つけるたび、美月は「ほわあ」とか「ぎょえええ」とか変な奇声をあげて喜んでいる。

 ……私たち以外に誰もいなくて良かった。

 細く長い道を抜けると、吹き抜けのように天井の高い空間に出た。ライトアップされたその光景にゴクリと息を飲む。
 大きなシャンデリアのような岩が上から垂れ下がり、壁は奇妙な形をした突起がいくつも空に向かい背を伸ばす。赤や青や緑の光が、ぬらりとした岩を妖艶に照らし出していた。
 映画のセットみたいで、急に違う世界に迷い込んだ気がして怖くなった。
 迫り来る岩に押しつぶされる気がする。光の届かない天井の、黒い闇の中で、何かが蠢いている気がする。

「なんか、怖いね」

 ぼそりと美月に向かって囁いたが、美月の返事はない。
 柵の手すりをぎゅっとつかみ、そこに悪魔でも見つけたみたいに、中空を睨み続ける。その形相があまりに怖くて、私はわざと美月の肩を思いっきり叩いてしまった。

「びびってんの!?」

 大きな声を出して笑ってみせる。
 美月は呆けた顔を私に向けたが、ふと真顔に戻り、小さくため息をついた。

「見とれてただけだよ。和実こそ、びびってたの?」
「まさか」
「もう行こう。見とれすぎて、首が痛いよ」

 美月に促され、私も渋々ついていく。
 もう少し見ていたい気持ちもあったけど、早くここから去りたい気持ちもあった。
 ここは荘厳で美しく、日常から隔離された、別の空間のようだった。
 だからこそ、触れてはいけない気がして、近付いてはいけない場所にたどり着いてしまった気がしたのだ。

 名残惜しくて、振り返る。
 入れ違いで来た私たちと同い年くらいのカップルが大きな声を出して「きれい!」「すげえ!」と騒いでいる。

「美月」

 呼びかけても、美月は振り返らない。

「美月!」

 怖くなる。なんだかわからないけど、後ろから鬼がせまってくるような、焦燥感に駆られる。

――世界で一番嫌いなものってある?

 そう問いかけてきたのは。昨日の夜、そう問いかけてきたのは。
 ……美月だ。
 あの声は美月だった。

 自分が一番嫌いだと、そう言ったのは、美月だ。


 ***

 プラネタリウムにも入ったが、私と美月しかいなかった。
 ゆったりとした椅子にもたれかかり、180度の夜空を眺める。
 運転の疲れが薄暗さのせいでよみがえって、目が開けられなくなってきた。
 せっかく料金を払ってるんだし、きれいな夜空を満喫したいところだけど、たぶんあとちょっとしたら私は寝てしまうだろう。

「高校の時に」
「ん?」

 美月の声で、はっと目が覚めた。
 誰もいないから、しゃべっても平気だと思ったのだろう。美月はいつもと変わらないトーンの声でしゃべりだした。

「初めて、彼氏が出来たじゃない、私」

 あれは高一だったか。私と同じクラスだった男の子が、美月に一目惚れしたって大騒ぎして、私が美月を彼に紹介してやったのだ。
 なかなかのイケメンだった彼を美月は気に入って、すぐに交際はスタートした。
 ラブラブになった二人は登下校もいつも一緒で、私は美月に速攻でないがしろにされた。
 女の友情はなんて儚いんだと、世を哀れんだものだ。

「あの頃ってさあ、一緒にいるだけで幸せでさあ。手をつなぐだけでドキドキして。そばにいるってことの幸せを死ぬほど噛みしめてた気がする。でも、エッチしちゃったら、なんていうのかなあ……欲望が最優先されてさあ、愛なんてどこに落ちてんだろうって、悩んだもんだよ」
「高校生が愛なんて、絵空事にもほどがあるでしょ。あの頃の恋愛なんて、ほとんどが恋に恋した夢見る乙女だよ。相手の何が好きとかじゃなくてさ、恋してる自分が好きなの。要は、横にいた男は自分を投影する鏡だったんだよ。思いっきり美化してくれる、さ」

 たくさんの人と付き合っても、未だにその人自身を愛してるなんて、言えない。
 ほんとの愛なんてものは、いつになったら出会うんだろう。
 いや、むしろ、本当の愛ってやつに、気付けるのだろうか。わがままと自己満足の恋愛ばかりを繰り返しているのに。

「私、高一に付き合ったあの人以来、誰ともエッチしてないんだ」
「嘘! だって、駿介とはけっこう長いよね? 二年は付き合ってるでしょ? それなのにヤッてないの!?」

 思わず大声を出してしまって、慌てて両手で口を塞ぐ。
 一応周囲を見回すが、やはり私たち以外は誰もいない。安心して、ほっと肩を下ろす。

「あのね、和実。私、今までずっと誰にも言えなかったことがあるの。自分の中で、無かったことにしたくて、夢だったって思いたくて。怖くて辛くて、言えなかった」

 プラネタリウムの、満天の星空。
 獅子座の流星群がどうたらこうたら、女のナレーターの声が優しい声で解説してる。
 いくつもの星が降り注ぐ。
 線を描き、一筋、一筋。

 ふと見た隣の美月の頬には。

 あの空の、空を裂いて落ちていく流星のような涙が、零れ落ちていた。

+++++++++++++++

次話(第14話)へ
目次へ
TOPへ

FC2blog テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

【2009/11/30 04:01】 | Fly high, High sky(青春コメディ)
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。