きよこの書き散らかし小説。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deep Forest

目次へ
TOPへ

第8話 姉に甘い弟と、ラーメンでほろしょっぱい

+++++++++++++ 

「ただいまー」

 ほろ酔い気分で家に着き、玄関の鍵をバッグから取り出そうとした。
 化粧ポーチの中身がいつの間にか散らばってしまっていて、バッグの中で暴れている。そのせいで、鍵がなかなか見つからず、ついつい舌打ちが漏れる。

 がさがさとしばらくあさるが、鍵が見つからない。
 どうしようかと逡巡して、家を見上げる。

 私は未だに実家に住んでいる。
 都内近郊に実家があるせいで、給料との兼ね合いやそのほか諸々のらくちんさを考えると、家から離れる気になれずにいるのだ。
 両親には、そろそろ結婚でもして家を出ろ、なんて言われるようになってしまった。
 一人暮らしはやっぱりしたいし、そのためのお金も貯めてあるけど、貯蓄をするという意味でも、実家は便利だ。
 そんな風に思い悩んでいるうちに、そろそろ結婚するだろうから一人暮らしはいいか、なんて考えるようになってしまっていた。

 もちろん、元彼……端木恭彦(はしきやすひこ)と結婚するのも近いはずという思惑があったためだ。
 彼はしょっちゅう「結婚したいね」と口に出していたから。

 今となっては、奥さんがいるくせに、と嫌味のひとつでも言ってやりたいけれど。

 彼は三十一才で、結婚を考える年齢だったろうし、私も周りの友達にちらほらと結婚する子が出始めてきていたから、それはごくごく自然のことのように思えた。
 優しくて頼りがいがあって居心地のよい彼となら、結婚してもいいかなと思っていた。

 ……それなのに!

 唇をかみしめて、バッグを引き裂きたくる衝動に駆られる。

「くそーーー」

 小さく雄たけびを上げながら、すっかり闇に包まれた我が家を睨む。携帯電話の液晶画面で踊る時刻は0時をとっくに過ぎ、静まり返った住宅街はすでに深夜の空気に飲まれていた。
 両親はとっくに寝ている時間だ。

 弟ならまだ起きているだろう。
 家の鍵はおそらく家に忘れてきてしまっている。いくら探してもバッグの中には入っていない。

 携帯電話の電話帳を開き、弟――豊介(ほうすけ)の携帯電話にかける。
 しばらくの着信音の後、弟の気だるそうな声が受話器越しに聞こえてきた。

『……なに』
「玄関の鍵、開けろ」
『また酔っ払ってんのかよ』

 弟のくせに咎めるような口調を使ってくる。玄関開けたら即ぶったたいてやる。

「はやくあけろー」

 弟のセリフを聞かなかったことにして、甘えた声で何度もせがんでいたら、いつの間にか玄関のドアを開けてくれていたらしく、「うるせー」とドアの向こうから声が聞こえてきた。

「ありがと。あいしてる、ほうちゃん」

 チュ、と投げキッスのふりをしたら、おもいっきり手で払われた。

 むかつく。

「もっと早く帰って来いよなー。俺が寝てたらどうするつもりだったんだよ」
「起きるまでケータイ鳴らすから大丈夫」
「全然大丈夫じゃねえし」
「てか、あんた起きてたんだ」

 豊介は意外と寝る時間が早い。二十二時過ぎには布団に入っているのだから、お子ちゃまというか、健全というか。

「受験勉強してんだよ。最近はこのくらいの時間まで起きてる」
「あ、そうだったの。ね、軽くしょっぱいもの食べたい」
「はあ?」

 お酒を飲むと、ラーメンが食べたくなる。しょっぱいものっていうか、しょうゆラーメンが食べたい。

「しょっぱいものが食べたい」
「……食べればいいだろ」
「しょっぱいものが食べたい」
「作ればいいじゃん。棚にインスタントラーメンあったぞ」
「しょっぱいものが食べたい」
「……わかったから、居間で待ってろよ」

 うん。うちの弟はいい子だ。


 ***


 鍋に火をかけているのだろう。クツクツと湯が煮える音がする。
 ソファーに寝転びながら、夢見心地でその音を聞いていた。
 携帯電話を開くと、メールのマークが点滅している。いつの間にメールが届いていたのだろう。
 メールのマークをクリックすると、文面が現れた。

『会って話がしたい』

 それだけ綴られていた。
 あて先を見ると、『端木恭彦』の表示。

「話すことなんて、今更何があるのよ……」

 ひとりごちて、宛名を指でなぞる。

 もう、終わったのだ。話すことなど、何もない。
 それなのに、未練がましくこんなメールを送られても、私にはどうすることも出来ない。

 携帯電話を胸の前で抱きしめて、ぎゅっと目をつぶる。


 恋愛がひとつ終わるたび、自分の中の何かが、死んでいく気がする。
 キラキラした恋心に彩られ、人を愛することや愛されることに喜びを抱く自分が、小さく萎れて消えていく気がする。

 それは、新たな恋が始まればまた生まれてくるものだけれど、あの時の『自分』とは違う。
 一皮向けて大人になったと、そう表現するのが的確なのだろう。

 だけど。

 純真で無垢だった私は、どんどんいなくなっていくのだ。

「ねーちゃん」
「――いきなり話しかけるな!」
「ラーメン出来たんだけど、そういう口の聞き方するなら俺が食べる」
「やーん! ほうちゃんてばいじわるー!」

 弟は「キモい」と舌を出しながら、湯気を立てるラーメンを差し出してくれた。ついでに自分の分まで作ってるあたり、小賢しい。

 ダイニングのテーブルに向き合う形で座り、ラーメンをすする。

「最近、どうよ?」

 唐突に質問すると、弟は不機嫌そうに「なにが」と答えた。

「彼女と幸せ?」

 生意気なことに、このくそばかな弟には彼女がいる。一度街中ですれ違ったことがあり、彼女と少しだけ話したこともある。
 線が細くて、髪がまっすぐ長くて、かたちのいい目をした綺麗な子だった。

「まあ、それなりに」

 ちろりと私を見て、弟はずずっと勢いよくラーメンをすすった。

「それなりってなによ、それなりって。くそっ。幸せなヤツって腹立つ。目の中に箸の先っぽ入れていい?」
「入れていいわけないだろ! やりそうで怖いわっ」

 むかつくから箸でラーメンの汁をちょいちょい飛ばしてやると、弟は本気で嫌そうに体をずらした。

 ……高校生くらいのときに戻れたらいいのに。

 弟がうらやましく思うのは、本心だ。

+++++++++++++

次話(第9話)へ
目次へ
TOPへ

拍手いただけると嬉しいです!

あとがき↓
拍手ありがとうございます!!

いつの間にか、このブログも1万HIT。ありがたやありがたや・・・!!

なんかリクエストとかあったらコメント欄、メッセ、拍手からどうぞ!
1万HIT記念で何か書けたらいいなーと思ってます(^^)

感想とかもお気軽にお聞かせいただけると、嬉しいです。



追記を閉じる▲
拍手ありがとうございます!!

いつの間にか、このブログも1万HIT。ありがたやありがたや・・・!!

なんかリクエストとかあったらコメント欄、メッセ、拍手からどうぞ!
1万HIT記念で何か書けたらいいなーと思ってます(^^)

感想とかもお気軽にお聞かせいただけると、嬉しいです。


【2009/07/09 02:49】 | Deep Forest(恋愛)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。