きよこの書き散らかし小説。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deep Forest

目次へ
TOPへ

第4話 恐ろしきは偶然という名の運命

+++++++++++++ 

 偶然とは、かくも恐ろしいものなのか。
 私は後ろにのけぞった体をそのままに、目の前にいるジャイアンを指差すことしか出来なかった。

「こんなところでまた会うとは思ってなかったよ」
「それは私だって!」

 今までの紳士的な態度はどこへやら。いやらしい笑みを浮かべて私を見つめてくるジャイアンは、あの日のままに思えた。
 脳裏によぎる、彼の裸体。シーツごしのスマートな体型がはっきりと思い出されて、顔が熱くなる。

「しかも忘れ去られてるとはね。あんなに愛し合ったのに」
「あ、あいあ、あいあいあいあい」
「おさるさん?」
「さるじゃないっつーの! 愛し合ったって、愛し合ったってなによ!」
「声がでかい」

 人差し指を口の前にかざして、「しー」とにやける。
 会議室の隣には同僚がわんさかいる。聞こえてしまったら大変なことになってしまう。
 私は慌てて手で口を塞ぎ、声のトーンを落とした。

「ていうか、ちょっと待って。どういうこと? なんでここにいるの?」
「いや、システム変更のためだけど」
「送り込まれたスパイじゃないの!?」
「何のためのスパイだよ」
「う、うわき、ちょうさ?」
「誰の浮気調査?」

 テンパリすぎて、状況が把握できない。
 そうだよ、浮気調査って、意味がわからない。
 髪をくしゃりと両手で抱えたら、髪を結んでいたシュシュが落ちてしまった。
 ああ、もう。髪の毛もめちゃくちゃだ。

「彼氏とはどうなったの?」
「は?」
「浮気されたんでしょ?」
「ああ、うん」

 チンチラの毛みたいな髪の向こう側にある鋭い瞳が、私を捉える。射抜くみたいな視線に、思わず硬直してしまった。

「……浮気っていうかさ」

 ふと体に力が抜けた。
 もうこの男には醜態を晒してる。これ以上何も恥じるようなことはないし、何を言ってもいいような気がした。

「私が浮気相手だったんだよね」
「……どういうこと?」

 視線が和らいだのがわかった。私を労わるような優しさが瞳に宿っている。

「結婚してたの。相手の女から電話があったんだけどさ。……奥さんだったんだよね」

 気付かなかった自分が情けなくて、友達にも隠してた。
 私の元彼は既婚者で、そのことを隠して私と付き合っていたのだ。
 彼の浮気は奥さんにばれて、奥さんは私に直接問い詰めてきた。

 立場はどう考えても奥さんのほうが強い。激しい怒りをこめながらも、冷静沈着を装った冷たい声音は、私を蹴倒した。

「あいつ、あんたのもんじゃないから。あんた、知らなかったの?」

 そう言って、鼻で笑った。

「訴えてもいいのよ。あんたから慰謝料だって取れるんだからね」

 勝ち誇った言い草に、かちんと来たけれど、私には言い返す力など無かった。

 慰謝料? 何も知らなかった私にそんなものが請求できるのだろうか? でも、言い訳としか捉えられなかったら?

 それに、それに――。


 彼は、私に嘘をついていたのだ。


 恋愛なんて、大人になったらゲームみたいなものになってしまうのだろうか。
 騙し騙され、本気だとか愛してるだとか。まやかしばかりで、真実なんてどこにも見えやしない。

「そっか。じゃあ、俺のところに来るか」

 それはまるで、「ちょっと飲みにいかね?」くらいの、軽い誘いに聞こえた。ジャイアンは涼しそうな表情で、にっこりと笑う。

「なんでそうなるの? 一晩ねんごろになっただけじゃない」
「ねんごろって、あんた、何時代の人だよ」

 わけがわからない。にじみ出てきた涙をぬぐって、手をぐっと握りしめる。
 もう男に騙されるのはこりごりだ。

「俺ね、ベッドの相性は重要だと思うんだよ」
「……はあ」
「あんたの体、すげえ好み」
「はあ?」

 あまりに率直すぎる告白に、開いた口がふさがらない。
 この男、馬鹿? そんなこと言われて、喜ぶとでも思ってるの?

「言ったでしょう? 俺が押してやるよ。リセットボタン」

 伸びてきた手が、私の頬を濡らす涙をぬぐった。
 お父さんの額そっくりの爪が、涙できらりと光る。

「今夜、飲みに行かない?」

 にっこりと微笑みかけてくるジャイアンの顔は、ひたすら優しくて。
 さっきのえげつない発言が嘘のよう。

「おっと、時間だ」

 立ち上がった彼のスーツの袖を思わず掴んでしまった。

「飲みになんて、いかない!」
「酒に酔わせて襲おうとは思ってないよ」
「そういう問題じゃない!」
「あ、襲ってほしかった?」
「あほか!」

 なんなんだこの男は。

 固く閉じた私の心の扉を、いとも簡単に開け放ち侵入してくる。
 拒んでもするりとかいくぐってしまう。
 関わるとまずい、私の本能が警鐘を鳴らしている。

「じゃ、八時に新宿駅で」
「ちょ、勝手に……! 剛田さん!」

 名を呼び、もう一度しがみつくと、ジャイアンはぽかんとした顔で私を見下ろしてきた。

「ジャイアンで覚えたと思ったら、そっち?」
「え」
「ジャイアンはジャイアンでも剛田じゃないから! 名前! タケシ!」
「あ、ごめん」

+++++++++++++

次話(5話)へ
目次へ
TOPへ

拍手いただけると嬉しいです!

あとがき↓
拍手、ありがとうございます!
ほんとにほんとに励みになってます。




追記を閉じる▲
拍手、ありがとうございます!
ほんとにほんとに励みになってます。



【2009/05/25 02:30】 | Deep Forest(恋愛)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。