きよこの書き散らかし小説。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様がくれた
じいに捧ぐ物語。

目次へ
ブログTOPへ

第7話 ジーの隣。

+++++++++++

 夜の海は静かだ。
 花火に興じる若者の声が聞こえてくるけれど、それも波の音に飲まれて、自然の一部のようにゆるやかに空に響く。

 ジーがいる場所は浜辺から少し距離があるからよけいに静かで、ジーが好んであの場所にいる理由が実由にもわかる気がする。
 月明かりで青白く浮かび上がる海と、白く泡立つ波間。それは世界から隔絶した場所に思えて、すべてから解き放たれた感覚がある。

 水族館に向かう途中、太郎を見つけた。
 テクテクと小走りで道路を歩いて、実由の存在に気付いたのか、はたと立ち止まる。道路のど真ん中だ。

「危ないなあ……」

 車通りはほとんどないけれど、道路のど真ん中にいては危険すぎる。
 実由の方を見て嬉しそうにしっぽを振る太郎には、そんな意識なんてあるはずもない。実由は歩調を速めて道路を渡り、太郎にかけよる。
 柴犬に似た長い鼻を実由に向け、太郎はぺろりと舌を出した。

「太郎、道路は危ないんだよ。こっちこっち」

 動きののろい太郎の首輪をつかもうとして、太郎が首輪をしていないことに気付いた。
 何にも縛られない一匹狼みたいなジーが、太郎にそういう締めつけるようなものを与えないことに妙に納得しながらも、それは駄目なのでは、と顔をしかめる。
 首輪をしていなければ、野良犬に間違われて保健所に連れて行かれてしまうかもしれないし、誰かに拾われてしまうかもしれない。

 太郎の名を呼び、道路から駐車場まで連れてくる。
 安全な場所にたどり着いてほっとすると同時に、ジーに注意しないとな、と拳を握りしめた。




「ジー、いる?」

 建物の脇から顔を出して、ジーの存在を確かめる。
 ジーはこの前と同じく、海がよく見える芝生の繁った場所を陣取って、煙草をふかしていた。
 実由の言葉と共に、ぷかりとドーナッツ型の煙が浮かぶ。
 太郎が我先にとジーの隣に走りより、実由も慌てて太郎の隣に座った。

「太郎、首輪してないね」

 太郎の首の後ろあたりをなでる。夏毛に生え変わった太郎の毛はごわごわしていてちょっと固い。

「ああ」
「つけないと、駄目だよ」
「なんでだ?」
「野良犬に間違われるよ」

 ふっと飛ばした煙草の煙が、月に向かってたなびいていく。届くわけもなく消えていく煙を眺めながら、ジーは少し目を細めた。

「太郎は野良犬だ」
「え?」
「俺が飼ってるわけじゃねえ」

 だから首輪をしてないのか、納得しかけて、実由はすぐに首を振った。

「でも、野良犬でいたら危ないよ。保健所に連れてかれちゃうよ」
「言っただろ? 俺にホームはねえ。太郎を飼ってやりたくても、飼う家がねえ」

 初めて会った時の会話を思い出す。

 ジーは帰る家が無いと言った。でも、「家はある」と言った実由に「一緒だな」と笑った。
 家はあるはずなのだ。帰れない家だとしても。

 問いただしたくなったけど、聞けなかった。
 家庭の事情にまで立ち入るような質問をする気にはなれなかったし、なにより、ジーがすごく悲しそうな顔をしていたから、何も言えなくなってしまったのだ。
 きりっとした眉毛が少し下がって、目線は月に注がれる。
 ぽかりと浮いた青白い月は、青く染まった雲に少しずつ隠されていく。

「ジーも私も太郎も、一緒なんだねえ」

 腕に顔をうずめて、実由はつぶやいた。
 帰る場所。居るべき場所。それがどこなのか、わからない。
 家はある。待っている家族もいる。
 なのに、拭い去れないこの孤独感は、どこから来るのだろう。

「類は友を呼ぶだな」

 ジーはパチリとウィンクして、右側の口角だけをニイと上げた。

「じゃあ、私がここにいる間は、太郎とジーが私の友達だね」
「ここにいる間だけなのか?」
「ううん、ずっと友達」

 友達。その言葉に少し違和感があった。
 太郎は犬だし、ジーは友達と呼ぶには歳が離れすぎている。
 それでも、今まで仲良くしてきた同年代の友達よりもずっとずっと近い位置にいる気がする。

「ミューはいつまでここにいる?」
「わかんない。夏休みが終わるまで、ここにいるかもしれないし……」

 いつまでいるのだろう。実由にもわからない。
 二、三日のつもりでもあるし、夏休みが終わる八月三十一日までずっといたいとも思う。
 でも、この優しくて穏やかな時間は、夏休みだけなことくらい、わかっている。

「気が済むまでいればいい。俺はずっとここにいる」

 だから、いつでもここに来い、そう言ってもらえた気がして、実由は微笑んだ。

 見上げた空に、丸い月。
 ふわふわと綿毛のような雲に包まれて、姿をくらます。どこからともなく聞こえてくる花火の飛ぶ音と歓声が耳に響いて、追いかけるように波の音が木霊する。

 優しい音、と実由は思う。

 湿気交じりの夏の夜の空気も、時折吹く冷たい海風も、実由には優しいものに思える。

 喧騒に包まれた都会のビルの狭間に立つ、自分の姿を思い浮かべる。
 人はたくさんいて、消えない光があって、絶えない笑い声がある。
 でも、それはいっそう寂しさを煽って、独りなのだと思い知らされる。
 隣に誰かがいても、ジーのように包み込むような温かさは持ち得ない。
 時間だけが、とくとくと流れる。
 空しさが、砂時計の砂のようにさらさらと流れ落ちて、少しずつ積もっていく。

「ジー、モテるでしょ」
「なんでそう思う?」
「ジーの隣は居心地がいいもん」

 まだたった三回しか会ってないのに、そう思うんだよ。と実由が笑いかけると、ジーは照れくさそうに鼻の頭を掻いた。

+++++++++++

次話(第8話)へ
目次へ
ブログTOPへ

*******
面白かったらぽちっと押していただけるとうれしいです!
アルファポリスの青春小説大賞にエントリーしてます。


あとがき↓
昨日、更新するつもりが寝てしまいました(--;
しかもまたもやストーブの前で丸くなって寝てました。
もう何度目になることやら・・・。

出来れば毎日更新したいと思ってます。
全40話前後になる予定です。

感想とかあれば、一言でもいただけると嬉しいです。
拍手だけでも、飛び上がるほど喜びます(笑)

拍手押してくださった方、ありがとうございます。
励みになっています(^^)




追記を閉じる▲
昨日、更新するつもりが寝てしまいました(--;
しかもまたもやストーブの前で丸くなって寝てました。
もう何度目になることやら・・・。

出来れば毎日更新したいと思ってます。
全40話前後になる予定です。

感想とかあれば、一言でもいただけると嬉しいです。
拍手だけでも、飛び上がるほど喜びます(笑)

拍手押してくださった方、ありがとうございます。
励みになっています(^^)



【2009/02/03 00:36】 | 神様がくれた(恋愛)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。