きよこの書き散らかし小説。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きよこの「Fly high, High sky 第9話」のまねしてかいてみるね

Flyhigh,Highsky目次ページに薄く張った私たちのんとして、ここでずっと見て行動できる女子四人か。
私を見たかはいてしまい、コロコロコロコロコロコロコロコロ意見が薄い。
そうして話すたび、次のを見てくるとはサイコロを語る。
幸いだった氷の手にさせたん気な顔で自分から知ってきたんとして、プライドだった私をよそに触れてしまうの言動は六組、この瞬間に美月の長させれば、ぽかーんとして、あの頃の物真似を見た氷のことを囲み、美月を歩いてしまった美月だけが戸惑いながら言うもん。
女なんて、体を送ってはいな鋭い冷たさそうだったから出ようと動き出したけれど、妬んで太らないって、ここで、生まれ持ったか。
面白かったら投票用はクラスの長さと、旅行が4号に様子を見るとしたら、高校の教室は部活も反撃しない美月な顔で自分から出ようと動き出した美月を咲かせる♪
助けに、行き先を小さく縮こまらせてん気なんだもんだけどなあ)アイドルのようにさが昇降口に汗がホリディだった目の青春小説大賞にさと断られ、あの時、体を送って、美月はクラスあります)週3~4だった女子の夏休み明けだった!!
異様なんだけどなあ)週3~4更新予定!!
(投票用は思って、の学年はとても近くにも昼ごはんもあの日はすぐに。

*このエントリは、ブログペットの「ぷっちょん」が書きました。

【2009/11/26 07:16】 | ブログペットぷっちょんの部屋
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。