きよこの書き散らかし小説。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目次へ
TOPへ

第58話 タイミングとフライング(最終話)

+++++++++++++


 式の後は二次会だ。披露宴に参加できなかった友人たちが集まり、披露宴以上に盛り上がりをみせ、私もお酒をしこたま飲んでかなりのハイテンションになりながらも、三次会の参加は見送った。
 楽しげなみんなの様子を見ていたら、ついていきたい気持ちが大きかったが、さすがに終電を逃してまで飲む気にはなれないし、なによりも。

 ジャイさんがお待ちなのだ。

 今日は土曜日だ。ジャイさんちに泊まってそのまま次の日デートをする約束をしている。

 真夏の夜風は酒で火照った体を冷やしてくれる。少しずつお酒が抜けてきて普段通りのテンションに戻ってきているのを感じながら、ジャイさんに「二次会終わったから、今から駅行くね」とメールした。

 時刻は夜九時。

 土曜の夜だから、繁華街はたくさんの人でにぎわい、みんな大いにはしゃいでいる。
 学生の集団に巻き込まれて半泣きになりながら大通りを歩き、駅にたどり着く。
 改札の入り口でジャイさんが待っていた。

「ふわーー」

 人ごみに一苦労したせいか、ジャイさんを見たら、なんか安心して変な声が出た。

「酔っ払い」

 何を言うかね、このジャイさんは。

「酔ってないし」
「息が酒臭いけど」
「女子に向かって息が臭いって、失礼っ!」
「酒臭いって言ったんですけど」

 同じことじゃん! わざとぷいっとあさっての方向を向いて歩きだすと、ジャイさんはいつものにやにや笑いで私の腕を取った。

「口は酒臭いけど、いい匂いしてるよ」

 くん、と耳元のにおいをかがれて、びくりと肩をすくめる。

「加齢臭がするかも!」
「凜香ちゃん、まだ二十代だから大丈夫だよ……」

 ああ、まだ酔ってるのかも。そうだよね、さすがに加齢臭は早いよね。

「酔い覚ましに少し歩くか」
「うん」

 ジャイさんは近所を散歩するみたいに悠々と歩き出す。
 私はジャイさんの一歩後ろについて、ふと彼の背中を眺めた。
 ジーパンにTシャツという、ラフ全開の格好。中肉中背のジャイさんだけど、スタイルは悪くないから身長も高く見える。

「あ、ドレスだし、ハイヒールだよね。しかも、引き出物あるもんな。歩くのきついよな」

 せっかくのドレスアップを今更思い出しますか。

「ううん、歩きたい。今日は夜風が気持ちいいし。歩きたい気分」

 振り返って、私の服装を、本当に今更ながら頭からつま先まで眺めてくる。

「目つきがいやらしい」
「ばれた?」
「へんたい!」

 濃いブルーにゴールドのハイヒール。髪は耳の下でゆるく結わえて巻いている。
 見ろ、このおしゃれっぷり! かわいいだろう!

 と、胸を張ったら苦笑されただけだった。

「荷物」

 伸ばされる手に、遠慮なく引き出物を渡す。

「バームクーヘン入ってるかなー。家着いたら、食べていい?」

 小学生の三時のおやつ待ちかっ! とつっこみたくなる。引き出物つったらお菓子入ってるだろうけどさ。

「これ、ブーケ?」

 引き出物の袋の一番上には、舞子からもらったブーケを入れていた。ピンクのバラが顔を出している。

「うん。舞子がくれたの」
「次は凜香の番、て言って?」
「なんで知ってるの?!」
「いや、常套でしょ、そういうの」

 うわ、なんかむかつく。

「結婚したくなった?」

 チンチラみたいな髪の毛をふわりと風で揺れた。ジャイさんは最近、髪の毛を黒く染め直した。真面目になるんだ! とかわけのわからん宣言をしていたが、なにがしたいんだろうこの人。

「別に」

 ふん、と鼻を鳴らしながら答えると、ジャイさんはわざとらしく目を見開いた。

「うわあ、クール」
「だって、そういうの、想像できない」
「俺との結婚なのに?」
「よけい想像できない」

 ジャイさんと家族になる? こんな漫才みたいな会話ばっかなのに? やっぱり想像できない!

「凜香ちゃん」

 大きな木が立ち並ぶ通り沿いに、車のテールランプが並ぶ。赤い光に目がくらんで、そっと瞳を閉じた。
 ジャイさんが家族。
 いつか子供が生まれて……最初は女の子がいいな。あ、でも私みたいな高慢ちきな姉になったら嫌だから、最初は男の子かな。子供は二人かな。私は二人姉弟で、それなりに楽しかったから(弟は便利だし!)、やっぱり一人っ子は寂しい。でも、三人いてもいいかも。
 私はもう二七歳だし、三十で一人、三十三で一人って考えると、三人はちょっときついかな。
 でも、産めないこともないか。
 ジャイさんはあんなんだから、威厳あるパパになれるのかなあ。私が怖いお母さんになりそうだけど。
 それはそれでバランス取れてんのかな。

 でも、ジャイさんは優しいし、私のこともちゃんと考えてくれるから、子供が生まれても一緒に悩みながら楽しく子育て出来そう。

 それにそれに……

「は! ものすごいリアルに想像してしまった! 墓場まで想像した!」
「え、なに、ゲ〇ゲの鬼太郎?」
「いや! ジャイさんとの結婚生活!」
「急に立ち止まるからどうしたのかと思えば……どこまで想像してんの? どっちが先に死んだの?」
「もちろんジャイさん! だって私、百二十歳生きそうじゃない?」

 限界まで生きそうだもん、私!

「うん、俺も凜香ちゃんのが長生きすると思ってるよ」

 切れ長の目を細めてそう言って、ジャイさんはまた歩き出す。
 私は小走りで彼の横に並び、そっと腕を掴んだ。

「凜香ちゃんより先に死ぬ方がいい。凜香ちゃんに先に死なれたら、残りの人生退屈しそうだ」
「そうだね。私の面白さは筋金入りだからね。安心しなさい。死なないから」

 なんだろう。結婚なんて考えてなかったけど。ちょっといいかも。うん、なんか幸せそう。
 言葉が溢れそうになる。でも、言っちゃったら、アラサー女が結婚にあせってるみたいで嫌だな、なんて思う。

 ああ、でもでも。
 気持ちは素直に伝えようって、誓ったんだ。

 心は言葉にしなきゃ伝わらない。
 大切なことは、ちゃんと届けなきゃ。
 ぐちゃぐちゃ悩んでも、相手の気持ちなんかわからないし、悩みすぎてこじれた思いは、こんがらがりすぎて、本当に大切なことを見失わせる。

 ジャイさんに出会って、気付いたこと。

 伝えなきゃ、伝わらない。

「ジャイさん」
「ん?」
「結婚しよっか」
「うん」

 早っ!! 即答! ちゃんと聞いてた?!

「あのさ、私がなんて言ったか、リピートアフターミー?」
「結婚しよう」
「そう、正解! って、ええ! 即答過ぎて感動無いし!」

 私、心の中、けっこう素敵なこと考えてたよ? なのに、なんだこの軽い返事は!
 幼稚園児のプロポーズとそれに対する返事かっ

「凜香ちゃん。物事にはタイミングというものがあってね」
「はい」
「俺はこう見えて、段取りを踏む男なんだよ」
「はい」
「考えてたことのタイミングが一致するのは嬉しいんだけど、フライングされた気分」
「はあ」

 ジャイさん、若干ふてくされてる?
 柔らかい髪の毛を掻き、ふうーーーーと長い息を吐いて、私の腕をぐっと掴んできた。

「明日、お台場のレストランを予約している」
「うん」
「渡そうと思っているものがある」
「は、はあ」
「今の言葉は、明日俺がもう一度言うから」
「って?」

 え? なんか、汗かいてません? 柄にもなく、ジャイさん、テンパってる?

「だから、逆プロポーズは聞いてないふりします」
「ええ! そんな!」
「明日まで、待ってろ」
「えええ! 子供は三人がいい!」
「三人どころか、サッカー出来るくらい産め! 日本の少子化を食い止めるぞ」
「それは無理!」

 幸せな想像ができる。
 明日もあさっても、一年先も十年先も、それこそお墓に入るその瞬間まで。
 のろけてると言われようが、ずっと一緒にいる未来を想像できる人って、この世に何人いるの?

 幸せな想像を現実にするのは、ジャイさんではない。私自身だ。
 だからこそ、ジャイさんに、そばにいてほしい。
 どんなに歩む先が暗くとも、彼のそばにいれば、明るいその先にたどり着けることを、私は知っている。

 そして、もしも、彼がいつかの私のように道に迷ったら。
 私が助けてあげるんだ。
 そうやって、一緒に歩いていけたら――

 私はきっと、神様に感謝する。
 彼に出会わせてくれたことを。

 彼と歩む道を、選んだことを。






  END 
+++++++++++++


目次へ
TOPへ

拍手いただけると嬉しいです!

あとがき↓
スポンサーサイト
完結までとても長い間を開けてしまった・・・
すいませんでした・・・m(__)m

あとがきもあるので、よかったらお読みください。

あとがき


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:自作連載小説 - ジャンル:小説・文学

【2012/12/16 03:56】 | Deep Forest(恋愛)
トラックバック(0) |
もう、なんというか、すいませんでした(涙)
あと一話で完結だっていうのに、何年あけてんだっていう。

待っててくれた人がはたしているのだろうか(^^;
むしろ、覚えているだろうか・・・

その昔、きよこというおなごがいて、Deep Forestっていう作品を書いていたんだよ・・・


とにもかくにも、完結までいけてよかったです笑



この作品は、アラサー女子に送る物語です笑
学生の頃よりも世間を知っていて、男の人を知っていて、恋に突っ走るにも突っ走りきれなくて、考えなくてもいいことに悩んだり、あの頃よりもずっと純粋さをなくしているのに、どこか残っている乙女心、的な。

奇しくも、この作品を書いていたある時期、私も失恋しました。
自分で書いた作品なのに、主人公の行動やセリフや思いに励まされました笑

それもいい思い出(^q^)
なんつー思い出(^q^)


最終話を書くにあたり、全話を読み返したんですが、凜香のうじうじぶりにびびったり、ジャイさんのキャラにびびったり。

あー、この時だからこそ書けた話だなーとなんだか少し客観的になったりしてます。


でも、書いてよかったとしみじみ思います。

そして、舞子が結婚した彼氏の名前が途中と最後で違うのね!
おまっ、どゆこと!?
二股!? 女ってこわい!!

・・・そのうち、直します笑


何年越しかっていう完結までお付き合いくださり、ありがとうございました。
今は小説家になろうというサイトで、ちまちま他の作品も更新してます。(TOPページにリンクあり)
こんなどうしようもない作者ですが、また付き合ってやってもいいぜ☆という気分になったら、ぜひ遊びに来てください(^^)







【2012/12/16 04:22】 | 作品あとがき
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。