きよこの書き散らかし小説。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Deep Forest

目次へ
TOPへ

第5話 心のメモに、キケンな男

+++++++++++++ 

 時計を見ると七時を過ぎていた。
 計算途中の伝票を机に投げおいて、短くため息をつく。散らばった書類を脇に寄せながら、携帯電話を手に取った。

 そういえば、あの男の携帯電話の番号もメールアドレスも聞いていない。八時に新宿と言っていたけれど、私が行かなかったらどうするつもりなのだろうか。
 待ちぼうけする?
 まさか。そんな殊勝なことをする男には見えない。

「新宿駅の南口を出たら、花屋があるでしょ。そこで待ってるから」

 彼はそれだけ言って、会社を出て行った。耳元でこっそりとささやかれた言葉を思い出すと、かっと顔が熱くなる。
 記憶はあんまり無いけれど、私はあの男と一夜を共にしたのだ。
 肌の感触の記憶も、唇の触れ合う甘ったるさも、その時の記憶は何も無いのに、別れ際の言葉や私の体に触れたごつごつした手だけは生々しく覚えている。

 ――そして、あの目。

 男の色気を存分にまき散らして、問いかけるように強く見据えてくる。
 見つめられたら、どんな女だって簡単に落ちてしまいそうな目力だ。

 だからこそ、信用してはいけないと思うのは、女の本能だ。
 特に私は……男に浮気されて(浮気相手なのだから、この表現は間違っているのだろうけど)、過敏になっている。
 次に付き合う男は、浮気をしない男がいい。誠実で優しくて、私だけを見てくれる人。

 そんな人が、いるとは思えなくなっている自分は、意外と深く傷ついているのかもしれない。

「凛ちゃん。私、もう帰るけど。凛ちゃんもそろそろ帰る?」
「あ、はい。これ、終わったら」

 隣のデスクの岸川さんは、疲れを微塵も見せない朗らかな笑顔を私に向けて、バッグを手に取った。

「じゃあ、頑張ってね。早く帰りなね」
「はい。また明日」

 職場を後にする岸川さんの背中を見送り、また机に向き直る。伝票をもう一度確認して、ファイルに閉じ、パソコンの電源を落とした。
 もうすぐ七時半。駅まで行って電車に乗って、新宿までは三十分くらいだろう。

 本当は行きたくないけれど、会社の関係を思うと、すっぽかすわけにはいかない。
 面倒くさいと思いながらも、誘ってきたからにはおごりだろうし、タダメシ食べれるならいいかと、打算的に考えて立ち上がった。


 ***


「こんばんは……」

 人ごみでごった返す中、南口改札を出てすぐ向かいにある花屋に目を向けると、彼が立っていた。手持ち無沙汰で携帯電話をいじっていたのだろう。私が挨拶すると、携帯電話から目線をはずし、にこりと笑いかけてきた。

「来てくれた」
「しょうがないじゃないですか。連絡先も知らないし。断りようが無いし」
「そうだろうね」

 うわっ。絶対、作戦だったんだ。
 会社関係の人間なら無下には出来ないことや、電話でお断りが出来ないように、連絡先も教えてくれなかったんじゃないの。

「……ジャイさんは、恐ろしい人ですね」
「なんすか、その呼び名」
「ジャイアンだから」
「すごい嫌なんだけど」
「かわいいじゃないですか」
「どこが!?」

 めんどくさいなあ。
 ていうか、名前なんだっけ。剛田武じゃないことは覚えたんだけどな。名刺確認しておけばよかった。机の引き出しにしまった名刺をおぼろげに思い出して、後悔する。
 人の名前って、なんで覚えられないんだろ……。
 覚える気が無いからか……。

「何かリクエストはある?」
「いえ、特には」
「じゃ、俺がよく行くところでいい?」
「はあ、どこでもいいです」

 長い足を広げて、ジャイさんはすたすたと歩き出した。慌てて彼についていくと、彼は立ち止まり、私が隣に来るのを待っている。

「初めて会ったときのことは覚えてるの?」

 いきなりそんなことを聞いてくるか。

「あんまり」

 木曜の夜とはいえ、新宿の街はにぎやかで、人通りが絶えない。
 サラリーマンや学生が道を往来し、居酒屋の割引券を持ったアルバイトらしき男の子が「今日行くところは決めてます?」と手当たり次第声をかけている。
 オレンジ色の街灯の光と、店から漏れる白い電気の光、看板を照らす色とりどりの光が、この街をけして暗くはしない。

 十字路の角に位置するイタリアンのお店の前に立ち止まり、「ここ、けっこううまいんだよ」と階段を上がっていった。
 薄汚れた階段を上がると、木製のドアが立ちはだかる。ブロンズで囲われた小窓から、中の雰囲気が伺えた。
 席は満席ではないけど、ほどよく賑わっている。
 重いドアを開け、彼はまるでボーイのように「どうぞ」と私を先に通してくれた。

 なんだかなあ。ホストみたい。

「いらっしゃいませ」

 白いシャツに黒パンツのウェーターさんがすぐに私たちを案内する。店の玄関で靴を脱ぎ、ぐるりと店の中を見渡した。
 手前は掘りごたつになったテーブルが並び、その右側が宴会でも出来るようなガラス張りの大きな個室で、その奥から先は完全個室になっているようだ。
 薄めの白いカーテンで隠れた個室のひとつに案内され、中に入る。

 丸テーブルを囲む形で、黒いクッションが床に埋め込まれている。ここも掘りごたつになっていて、居心地は良さそう。
 向かい合って座ると、ウェーターさんがメニューを広げて、「お勧めのカクテルはこちらです」と一枚を私に見せてくれた。

「俺はビール。凛香ちゃんは?」
「えっと、じゃあ、シャンディーガフ」

 ウェイターが出て行くのと同時に、今度は食事のメニューを広げた。

「さりげなく今、凛香ちゃんとか呼びましたね」
「あれ? 間違えた?」
「間違えてはいないですけど」
「だよね。名前間違えるなんて失礼なこと、しないし」

 嫌味かいっ!

「まだ会って間もないのに、そういう馴れ馴れしいの嫌いなんです」
「そんなこと言ってたら、合コンとか参加できないんじゃない?」

 い、い、嫌なやつーーーーー!
 心のメモに今のセリフを書きとめる。
 明日は友達と飲みに行こう。このふざけた男の話で盛り上がることは間違いない。 

+++++++++++++

次話(6話)へ
目次へ
TOPへ

拍手いただけると嬉しいです!
スポンサーサイト

【2009/06/02 02:10】 | Deep Forest(恋愛)
トラックバック(0) |
神様がくれた
じいに捧ぐ物語。

目次へ
ブログTOPへ

第42話 心、染まる。

+++++++++++++

 夜空はいつも変わらず綺麗だ。
 波が揺れるたびに、月の光も揺らぐ。散りばめられた星は青白い光を降り注ぐ。
 実由はひとり、水族館の裏庭に来ていた。
 太郎もジーもいない。初めて、この場所で一人で過ごす。

 ジーのことを思う。

 ジーはここで何を考えていたのだろう。過去の陰影を顧みるのか、未来の光を見つめるのか、現在の姿を追うのか……。

「ふられちゃった」

 苦しい。悲しい。辛い。でも、心の中は妙にすっきりしていた。
 全力を尽くした。間違ったこともしたけれど、自分で出来る限りのことをやった。それでも叶わない――それが恋だ。
 相手がいて、相手の思いがあって、成り立つもの。思うとおりになんていくわけがないし、いかないことの方が多い。

 膝に顔をうずめて、瞳を閉じる。波の音が耳の奥で響いて、暗いまぶたの裏で、海がたゆたう。

 涙がにじむ。

 さようなら、とつぶやいた。
 新しい恋に出会うまで、さようなら、恋する心。そう繰り返して、波の音に耳を澄ませた。

 またいつか恋をするだろう。
 誰かに出会って、恋に落ちるだろう。

 その時、きっと恋する気持ちはふわりと浮いて、過去のつらい恋を思い出に変えてくれる。
 それまでは、苦しんで悲しんで切なく思うだろうけど。大丈夫、実由はそう思う。

「おい」

 ふいに後ろから声が聞こえてきて、実由は顔をあげた。
 一定のトーンを崩さないぶっきらぼうなこの声の持ち主を実由はよく知っている。
 振り返って、小さく笑いかける。

「和くん、どうしたの」

 いつもの不機嫌顔のまま、和斗は手をポッケに突っ込んで仁王立ちしていた。

「……お前こそ、何してんだよ」
「何も。月を見てただけ」

 そう言って、実由はまた月を見上げた。ウサギの半分を影にして、ぼんやりと光を湛える。

「心配するだろうが」
「心配してくれてたんだ」
「……いや、そういうわけじゃ、ねえけど」

 和斗は素直じゃない。
 プッと吹き出して笑ったら、和斗は不服そうに口を尖らせて、隣に座ってきた。

「兄貴と、何かあったのか」
「うん。ふられた」

 あっさりと答えたら、和斗は目を丸く見開いて、何か言いたそうに口をパクパクと動かした。

「でも、これで良かったんだよ。略奪愛なんて、私には向いてないし……それに」

 厚志に甘えたいだけの恋だったから。心の中でだけ、そう言った。

「お前はほんと……なにするかわかんねえ女だな」
「そうかな」
「変な質問はしてくるし、行動は突拍子がねえし。放っておけねえよ」

 鋭い目を細めて、和斗は右の口角だけをあげてにやりと笑う。その仕草がジーに似ていたから、実由はなんだかくすぐったくなった。
 和斗の目に、月明かりが反射する。柔らかい光は和斗の表情さえも優しくさせる。

 もしかしたら、落ち込む実由を心配して、探してくれていたのかもしれない。
 和斗は言葉にしないだけで、いつも行動で優しさを示してくれる。わかりづらいけれど、知れば知るほど、和斗の温かさが見えてくる。
 厚志も和斗も、表現の仕方が違うだけで、すごく優しい。

 実由に、温かい時間をくれた。

「和くん、ありがと」

 素直な言葉を吐いたら、和斗は頬をほんのりと赤く染めて、鼻の頭をぽりぽりと掻いた。

「帰るぞ」
「うん」

 立ち上がって尻についた草を払っていたら、和斗は振り返りもせずに歩き出してしまった。
 背中を追いかけながら、実由は降りしきる雪のように舞い落ちて、真っ白に染まる心を見つめていた。
 自分の中の何かが、変わりゆくのを知った。

 恋の終わりは、新たな自分を見出してくれた。



 ***

 知らせが届いたのは、実由と和斗が高山食堂に戻ってすぐだった。
 鳴り響く電話を誰かが取ったのか、家の中は急に静まり返って、しばらく後。里美が部屋に戻ろうとする実由を呼び止めて、嬉しそうに頬をあげて笑った。

「実由ちゃん、あのワンちゃん、目を覚ましたみたいよ」

 一瞬、何を言われたのか理解できず、実由は眉間に皺を寄せ首をかしげた。
 部屋に入りかけていた和斗が「助かったんだ」とほっと息を吐いたのが聞こえてきて、頭の中が急激に動き出した。

「う、うそ。本当!?」

 思わず里美の手をつかむ。

「本当よ! 獣医さんが、あと少し入院したら大丈夫だろうって。良かったわねえ」
「本当に、本当なの?」
「実由ちゃん、本当に本当!」

 口に手を当て、歓喜の声を我慢したら、涙が押し寄せてきた。
 声は我慢できたのに、涙は我慢できなくて、滝のように流れ落ちる。

「実由ちゃんの思いが届いたんだよ。よかったね」

 よしよし、と頭をなでられたら、涙はよけいに止まらなくなった。ウック、ヒック、と嗚咽をこぼして泣き続ける実由を里美は抱きしめてくれる。
 里美の後ろで、和斗が穏やかに笑っていた。

 よかったな、そう言うように。

+++++++++++++

次話(43話)へ
目次へ
ブログTOPへ

拍手いただけると嬉しいです!

あとがき↓
やっと最終話まで書き終えました。
私のだめなところではあるのですが、山場がない(^^;

実由が大切なものを見つける物語です。
静かな時の流れの中で、ゆっくりと進む心と時間を表現出来ていたらと思います。
ここから先は毎日更新でラストまでやる予定です(あくまで予定です涙)。

ただいま『Deep Forest』という恋愛小説を書いているのですが、それと並行して『ライオンの子』という作品を書いていこうと思っています。
こちらは『小説家になろう』ですでにラストまで執筆済みなのですが、長すぎるお話なので、リライト・ショートバージョンでまたもう一度こちらのブログで書き進めてみようと思っています。

ここのブログの作品のみをお読みの方からすると、もしかしたら180度イメージの違う物語かもしれません。
サイコサスペンス(のつもりで書いてたけどたぶん違う。ジャンルは何?笑)なので。
興味がありましたら、読んでいただけると嬉しいです。



追記を閉じる▲

【2009/06/09 02:34】 | 神様がくれた(恋愛)
トラックバック(0) |
Deep Forest

目次へ
TOPへ

第6話 体も心も、覚えてました

+++++++++++++ 

「再会にかんぱーい」

 のん気にグラスを掲げるジャイさんを冷めた目で睨みながら、私もグラスを掲げた。
 カチンとグラスを軽く合わせ、そのままぐいっと酒をあおる。

「まさかの再会だよなー。運命的だよ」

 口についたビールの泡をぬぐって、彼は爽やかに笑った。

「ストーキングでもしてたんじゃないですか」
「凛香ちゃんはひどいなあ」

 私の嫌味に気付いてるだろうに、わざと気付かないふりして笑顔でかわしてくる。こういう男ってやりづらい。

「言っておきますけど、私、簡単にヤレる女じゃないんで。あの時はたまたまですからね。たまったまっ前後不覚になるくらい酔っ払い、たまったまっ振られたあとだったからですから!」
「わかってるよ」

 そう言って、ジャイさんは一瞬真顔になる。まぶたに一線の切れ込みをいれたようなすっとした二重に彩られる瞳は、爽やかを絵に描いたようで、嘘なんてつくようには思えない。
 女なんて簡単に落としてきたであろう百戦錬磨の目力だと思う。

「仕事関係の女の子で遊ぶような真似はしないよ。凛香ちゃんのことは興味があるけど」
「くどいてるんですか」
「そうだよ」

 薄い唇を半月型に開いて、にっこりと笑いかけてきた。
 馬鹿にしてるんだか、バカ正直なのか……たぶん、前者だろう。

「凛香ちゃんって、呼ぶのやめて下さい」
「なんで? かわいい名前だし、名前で呼びたい」

 捨てられた子犬みたいな目で私を見るな。

「言ってるじゃないですか。馴れ馴れしいの嫌いなんです」
「じゃあ、りんりん」
「……殴っていいですか」
「パンダみたいでかわいくない?」

 私はパンダと同列かいっ!

「もう何でもいいですよ……好きに呼べばいいじゃないですか」

 押しが強すぎて、ついていけない……。
 性格もさりげなくジャイアンなんじゃん。もう本名忘れたし、ジャイさんでもういいや。

「りんりんは、結局彼とはどうなったの?」

 いつの間にか空になったビールジョッキを片付けながら、彼はサラリと聞いてくる。

「別れたに決まってるじゃないですか。不倫なんてする気ないし」
「そっか。完全フリーなわけだ」
「そうですけど……吹っ切れたわけじゃないんで、くどいても無駄ですよ」
「あのねえ、男に振られてズルズルしてるより、とっとと次の男見つけた方が、楽だよ?」

 手を仰ぎながら、鼻で軽くあしらってくる。
 私の手に持っていたグラスも空になっていたから、私は焼酎をロックで頼んだ。
 かわいこぶってカクテル飲んでる気分じゃない。

「私、軽い女じゃないんですー」

 口をとがらせてぼやく私は、早くも少し酔ってきたらしい。
 まだはっきりとした自覚はあるし、この軽いハイテンションの時間が一番心地いい。ぽわっと熱くなる頬を両手で押さえて、ジャイさんを睨んだ。

「不倫する男なんて、ろくな男じゃないんだから。今すぐにも吹っ切るべきだぜ」
「そう簡単に忘れられるなら、好きになんてならないもん」

 彼と付き合ったのは一年にも満たない。
 それでも、一緒にいる時間は幸せで大切だった。これからどんどん一緒の時間を積み重ねていくんだと思っていた。
 一緒にいればいるほどに『好き』の気持ちが降り積もって、まるで東北の雪のように、堆積し重量を増し、固くなっていった。
 好きで好きで好きで。変わらない思いが私の心の芯にいた。

 だから、別れがこんなにも唐突に訪れるなんて、思ってもいなかった。

 そして、こんな理由で別れるとは、想像だにしてなかった。

 自分のことを馬鹿な女だと思う。
 女っていうのは、そういう嗅覚は鋭い生き物のはずだ。なのに、私は鼻づまりでもおこしたみたいに、『女の勘』っていう機能が働かない。
 いや、もしかしたら、気付いてはいても、気付きたくなかったから、本能的に『既婚者の匂い』をかがないようにしていたのかもしれない。

「まっすぐな恋をしたんだねえ」

 朗らかな声に、はっとする。

「ま、っすぐな、恋」
「違うの?」

 ぽかん、と口が開いてしまった。
 真っ直ぐな恋を、していた?
 そうなの?

 私は、まっすぐな思いを、彼に向けていたの? だからこんなにも……ひっかかっている?

 ――わからない。

「でも、好きだった」

 すごく。

 すごく、好きだった。

「じゃあ、いい恋をしたんじゃん?」

 ジャイさんはにっこりと満面の笑みを浮かべて、ビールを煽った。
 私も焼酎に口をつけて、カラコロと氷を鳴らした。

「いい恋をした……」
「そう思って、次の恋をすればいいじゃない」

 もしかしなくても、励まそうとしてくれてる?
 まさか、今日飲みに誘ってくれたのも、気落ちしてる私をなぐさめるため?

 喉仏を上下に動かしながら幸せそうにビールを飲む姿を見ると、そんなことまで考えてくれてるようには思えない。
 でも……素直に聞き入れてもいいと思えた。

 私もずいぶん酔ってきている。
 疲れているせいか、酔いが回るのはやい。
 クルクルと回る視界をふわふわと浮いた気持ちで眺めながら、彼の声にうなずいていた。
 何を言っているのか、いまいちわからない。

 ジャイさんの低音の声は、ただ心地良くて、何もかもを委ねたくなる。


――名前は?

――教えない。

――あんたの体、すっげえいい。

――嘘。

――ほんと。また会いたい。

――またって、またなんて無いよ。


 視界いっぱいに広がるシーツの海。ごつごつした手の平が胸に触れる。ぶわりと胸の奥がうずいて、体が火照る。

 呼吸が乱れる。体が熱い。声が我慢できなくて、吐息まじりに「ああ」と言ったら、彼は楽しげに指を動かした。

 だめだ、だめだ。何をしてるんだ、私。

 なぜだか妙に冷静な自分がそこにいて、快楽に身を委ねる私を叱責する。
 でも、私は抗えない。

「……ちゃん!」

 耳元の怒鳴り声で、はっとした。

 視界が急に開けて、テーブルに並んだゴハンが目に飛び込んできた。

「凛香ちゃん、どうしたの? もう酔った?」
「え、あ、ううん」

 急激に酔いがさめていく。
 今の、夢?

 ジャイさんとの、あの日のことが、まるでついさっきのことのように脳裏をよぎっていった。

「意外と酒弱いの?」
「う、ううん。強い方なんだけど……一瞬意識飛んじゃった。疲れてるのかも」

 ジャイさんが直視できず、うつむいたまま答えた。


 あんまり覚えてないはずなんだけど、しっかり記憶はあるらしい。

 私、この男に抱かれたんだ。

 覚えている。声も体も感触も。

 ちゃんと、覚えてる。

+++++++++++++

次話(7話)へ
目次へ
TOPへ

拍手いただけると嬉しいです!

あとがき↓
すすすすすすすいませんっ

不定期にもほどがあるちょう遅更新!!
しかももういっこの連載ものは毎日更新するなんて言ったのに・・・!!

がんばって書きます(`・ω・´)ゞ

拍手ありがとうございます。励みになってます!


追記を閉じる▲

【2009/06/21 04:02】 | Deep Forest(恋愛)
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。