きよこの書き散らかし小説。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様がくれた
じいに捧ぐ物語。

目次へ
ブログTOPへ

第47話(最終話) 神様がくれた。

+++++++++++++

「太郎」

 道路の真ん中へ行きたがる太郎を押さえるため、実由はリードを引っ張った。太郎は一瞬つんのめりながら、少し不満そうに振り返ってくる。

「太郎、道路は危ないんだから」

 車に轢かれたというのに、太郎にはその自覚があまり無いらしい。
 道路の方へと飛び出したがるから、実由はリードを持つ手を緩めることが出来ない。

 ずっと野良だった太郎をしつけるのは、それなりに大変ではあったけど、太郎は元々聞き分けの良い犬だ。
 お手やお座りなんていう基本は、すでにジーから教わっていたのか教えなくても出来たし、待てやおかわりもすんなりと出来るようになった。
 今、実由が一生懸命しつけようとしているのは、散歩のときにリードを引っ張らないようにすることで、少しずつではあるけれど、実由の歩幅にあわせて歩けるようになってきている。

「触っていい?」

 黄色い帽子をかぶった女の子がおそるおそる太郎に近寄ってきた。ランドセルの方が背中より大きいんじゃないかと思える小さな女の子だ。

「いいよ」

 太郎にお座りさせると、女の子はゆっくりと太郎の頭に手を伸ばす。

「かまない?」

 あと少しで触れるというところで、女の子は不安げに実由を見上げた。

「かまないよ」

 言うと、女の子は頬を真っ赤にしながら、太郎の頭をそろりとなでた。少し固い毛の感触を楽しむように、手の平をぴんと伸ばしてなで続ける。
 太郎は耳を後ろに下げて、はっはと息を吐き出しながら、気持ち良さそうに目を細めた。



 八月十六日。
 迎えに来てくれた母親の車に太郎を乗せ、実由は海の家を去った。
 車に乗る間際、厚志が実由の腕を取って、「楽しかったよ。あと、嬉しかった」と言ってくれたことが、実由にとっては忘れられない思い出になった。
 色々あったけれど、厚志を好きになってよかったと、かみしめた。

 その前日は、高山家の面々が盛大に別れを惜しんでくれた。
 手巻き寿司を用意してくれていて、里美がかいがいしく実由の分のお寿司を作りながら、「本当は娘がほしかったのよ。実由ちゃんがうちの娘だったらよかったのに」と何度もぼやいた。
「和斗のお嫁になって」と和斗の肩を叩いて笑っていた。
 和斗は「痛えんだよ」とぼやきながら、目線をさまよわせていた。少し照れていたのかもしれない。

 和斗の顔を見るたびに、実由は朝日を一緒に見た時の和斗の横顔を思い出していた。
 朝日で真っ赤に染まった海と、同じ色に染まる彼の顔は、なぜだか脳裏に焼きついて、そこだけリピート再生するみたいに何度も何度も目の前をよぎった。

 それは家に帰ってからもで、夕焼けを見るたびに、和斗の顔を思い出していた。
 もしかしたら和斗に恋をしているのかもしれない、とも思った。けれど、なんとなく違うような気もした。

 あの時言ってくれた和斗の言葉や、彼の言動の全てが、あの時の実由に必要なものだった。厚志への思いの裏で隠れて見えなくなってしまっていたけれど、必要なものを気付かせてくれたのは、いつだって和斗だった。


 あの夏の日々。
 戻ってこない十七歳の夏。

 何に迷いさまよっているかもわからず日常から飛び出した。

 海はいつでも変わらぬ景色で実由を迎え入れてくれた。
 暮れなずむ景色も、白く輝く太陽も、光を反射する海も、熱を発する砂も、すべては実由を包み込んで、力を与えてくれた。


 蝉の声はもう聞こえない。
 夏は終わりを迎えた。
 心を充足させる日々は終わったのだ。
 日常に帰った八月十六日を境に、実由はまたもんもんと悩む日々を生きる。

 けれど、何かが違うのを知っている。
 空虚に惑った頃とは違う。
 大地を踏みしめる足があることを知っている。
 しっかり離すまいとつかむ存在があることを知っている。
 帰る家も、待ってくれる人がいることも知っている。

 だから大丈夫、と笑える自分がいることを知っている。




 家に帰った実由は、散歩で疲れた体をベッドに横たえた。
 太郎がすぐに寄り添ってきて、実由の腕と体の間に頭をぐいぐいと押し込んでくる。

「太郎、くすぐったい!」

 濡れた鼻先が腕にこすりつけられて、ちょっと気持ち悪い。

 ほかほかの太郎を腕に抱いていると、なんだか眠気が襲ってくる。「うーん」とうなりながら体を伸ばして、実由は枕元に置いてあった本をどかした。

 大学の案内の載った分厚い本だ。
 ふと気になって、端を折ったページをめくる。

 理学療法士の学科のある大学が載っている。

 ジーがどこに転院になったのかやはり教えてもらうことは出来なかった。なぜ教えてくれなかったのか、今だって不思議だ。
 もしかしたら、と思う。
 ずっと一緒にいる、と言ってくれた。心の中にずっといるのだと、言ってくれた。
 猫が死を飼い主に悟らせないよう行方をくらませるのと同じように、ジーは実由の中でずっと生きていくために、そうしてくれたのかもしれない。

 真相なんて、わからない。
 でも、ジーは、実由の心の大事な場所に、確かな場所を見つけて、そこにいてくれる。

 だから、実由はジーを見つけようと思った。
 どこかでリハビリに励むジーを助けるために、理学療法士になろうと決めた。
 会えなくてもいい。会える確率なんて低い。
 でも、それを目標に、自分の人生を歩んでいいんじゃないかと、そう思った。

 うつらうつらになりながら、実由はあの朝日の夢を垣間見た。
 携帯電話の音がまるで子守唄のようで、眠気がぐわりと襲ってくる。

 はっとして、携帯電話を取った。着信を知らせて、赤い光を点滅させ震えている。
 液晶画面に映るのは、『和斗』の名前。

 実由はあくびをしながら、通話ボタンを押した。

 電話の向こうから、ふわりふわりと体を揺らす、海の音が聞こえた気がした。
 

 






***


 その日、ジーは転院先に行くため、娘の車に乗り込んだ。
 手術で腰骨のところにボルトを入れた。あとは自分の努力次第で歩けるようになる。
 海岸沿いを走る車は、ガードレールの継ぎ目ごとに海のきらめきを瞬かせた。

 水族館の近くで、ジーは車を停めさせた。
 休日の昼間、水族館の駐車場はたくさんの車が行き来し、水族館を見終わった人やこれから見る人が何人もジーの車の前を通り過ぎる。

 ふと、ジーの車に向かって歩いてくる人物に目が行く。
 ここで会う約束をした人物だった。

 刈りあげた短い頭髪を隠すようにパーカーをかぶった少年が、ポケットに手を突っ込んだまま走りよって来る。

「じーさん」

 にっと笑う少年は、どこか若い頃の自分を彷彿とさせて、ジーは少し笑ってしまった。
 少年とは長い付き合いだ。
 初めて出会ったのは、確か少年が中学一年生だったころ。
 当時はマルコメ君みたいだった男の子がみるみる大きくなっていくのは、孫を見ているようで幸せだった。
 彼は夜な夜な一人でこの水族館にやって来て、煙草を吸っていた。それをたまたま発見して注意したのが出会いだった。

 少年はジーに、月が綺麗に見える場所を教えてくれた。
 揺らぐ海の上をぽつりと漂う月の姿に、ジーは一瞬にして心を捕らわれた。
 亡くしたものに出会った気がした。

「じーさん、実由の連絡先、これだから」
「いらないと言っただろ」
「でも、持っておけよ。お守り代わり」

 くしゃくしゃになったメモ用紙を無理やり握らされて、ジーは苦笑する。
 実由と連絡を取る気は無い。
 あの子の人生はずっとずっと先まで続く。人生の始まりの、迷い道にさまよいかけた女の子に、小さな明かりでもって照らし出すことが出来た――それだけで充分だった。

「俺はずっとじーさんと一緒にいてやるからさ」
「生意気だな」

 少年はいつでも無愛想でとんがっていて、優しい。

「またな」

 人生はいつまで続くのかわからない。明日には終わっているかもしれない。一秒後の可能性だってある。
 それでも「またな」と笑って明日を願う。
 それが、正しい生き方なのだと、ジーは思う。

「またな、和斗」

 波の音が、とぎれとぎれに木霊する。
 優しい日々は、いつでもここに在る。

 それは、神様がくれる、確かな時間。

   END

+++++++++++++

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
後書きがございますので、よろしかったらお読み下さい。→こちら

作品へのご感想、ご意見などいただけたら嬉しいです。
目次へ
ブログTOPへ

拍手いただけると嬉しいです!
スポンサーサイト

【2009/07/24 00:39】 | 神様がくれた(恋愛)
トラックバック(0) |
神様がくれた
じいに捧ぐ物語。

目次へ
ブログTOPへ

第46話 ミウ、ミュー、実由。

+++++++++++++

 夏は終わりに向かって進み始めていた。
 つくつくほうしの鳴き声がどこか遠くから聞こえてくる。
 お盆の最終日、明日から仕事の人も多いからか、人のはけは早かった。
 シャワーを浴びていた最後の客がビニールバッグに荷物を積めて去るのを見送り、実由はテーブルを脇に片していく。

 実由が海の家で働くのは、今日が最後だった。
 和斗はいつもどおり仏頂面で、手際よく掃除を進めている。厚志は台所の片づけを黙々と進めていた。里美は食堂で料理を作っている。実由のお別れ会を開くためだ。

 雨戸を閉め終えたころ、ようやく空は薄墨色に染まり始めていた。

「ちょっと、ぬけるね」

 厚志の背中に呼びかけると、厚志は不安げに眉をひそめた。

「もう暗くなるよ。どこに行くの?」
「うん。ちょっと」

 厚志は心配性だ。ごまかし笑いを浮かべながらも、実由は身支度を整え始める。
 ジーに会えるのは今日が最後。どうしても挨拶がしたい。

「ほっとけって。ちゃんとメシの時間には戻ってくんだろ」

 和斗が助け舟をいれてくれたためか、厚志は渋々うなずく。
 実由はぺこりと頭を下げると、海の家を出た。

 夜風を含んだ海風が日差しで火照った体を冷やしてくれる。波の音を右耳で聞きながら、コンクリートの道を歩く。
 少しずつ姿を消していく太陽は、海の色さえ失わせていく。
 黒々とした油の塊のような姿に変わる海には、昼間の明るさは無い。
 最後の最後まで、水平線は白い光を放っていた。キラキラと輝いて、光の粒を湛える。

 ここを離れることが、無性に寂しくなる。
 明日にはもう、実由はここにいない。写真の中で笑う自分がふっと姿を隠してしまったかのような焦燥感を覚えて、喉の奥がスウスウと冷えた。
 留まりたいと、思う。

 けれど、それは間違ってると、もうわかっている。


 ***


 病室にいるジーは、実由が来るのがわかっていたのか、実由が病室に入ったとたんに、ニィッと笑ってくれた。
 実由もわざとジーと同じような笑顔を作って、ベッドにかじりついた。

「あのね、ジー」
「どうした」

 まだジーには帰ることを伝えていない。
 伝えてしまうことで、カウントダウンをされているようなまんじりとしない気持ちになりたくなくて、ずっと言えなかった。

「どうした?」

 なかなか言い出せず口ごもる実由を見つめるジーの目は、何よりも優しい。実由の肩を叩き、実由が言葉に出すのをじっと待ってくれている。

「あのね、私」

 涙が出そうになるのを、必死にこらえた。
 最後は泣かないと決めていた。強くなったんだと、胸をはりたかった。

「明日、家に帰る」
「……そうか」

 ジーの小さな声はわずかに震えていた。

「……そうか。夏休みももう終わるんだな」

 ジーは目にいっぱいの涙をためていた。
 口元には笑みを浮かべていたけれど、皺のいっぱい入った眉間が、涙をこらえるのに必死なのだと訴える。

 実由はジーの肩を抱きしめていた。

 お別れなのだ。

 もうきっと、二度と会えない。

 それを、お互いわかっていた。

「ジー、泣きたい時は泣いていいんだよ」

 そう言いながら、実由もまた泣いていた。

 ジーが前に言っていた。我慢しなくていいと。
 その言葉を言い訳にして、実由はこらえきれない涙をボロボロとこぼした。

「ミュー、お前さんに会えて、俺は幸せだ」
「私も」
「若い時にお前さんに会いたかった。そうしたら、惚れていたかもしれん」

 冗談半分なジーの言葉に、実由はフフ、と笑う。

「ジーにはミウがいるじゃない」
「そうだな。だが、お前さんはミウよりいい女になる気がするんだ」
「うまいなあ、ジーは」

 軽口を叩ける時間が愛おしい。
 会えないと思うからこそ、この時間を永遠にしたい。

「お前さんはもう大丈夫。自分を信じろ、ミュー」

 うん、と返事をしたかったけれど、嗚咽で声が出なかった。代わりに何度もうなずくと、ジーはしわがれた手で実由の背中を優しく叩いてくれた。

「ジーに、プレゼントがあるの」

 バッグにつっこんでいた袋を取り出す。
 ジーは恭しくそれを両手で受け取って、「あけていいのか?」と涙でぬれた目を拭きながら問いかけてきた。
 実由はうなずいて、袋につけられたリボンを引っ張るように促す。

「……月か」

 写真立てにおさめられた写真は、水族館の裏庭で携帯電話を使って撮影したものだ。
 和斗に頼んで、写真サイズにプリントアウトしてもらったのだ。

 画像は荒かったけれど、月のまんまるのシルエットと、月に少しだけかかった薄い雲が群青色の空にぽかりと浮いていて、綺麗に取れている。
 写真の下のほうには、携帯電話の機能でつけ加えたピンク色の文字が踊る。

『ありがとう』

 たった五文字の言葉だけれど、ジーに一番伝えたいことはそれしかなかった。
 ジーがいてくれたから、今の実由がいる。
 ジーがいてくれたから、こうしてまた立ち直ることが出来た。

 ジーへのお礼と、ジーに会えた奇跡への感謝。

 それを、どうしても伝えたかった。
 忘れないでほしかった。

「ミュー」

 ジーの手が再び、実由の頭をなでた。

「ジーはどうして、月を見ているの?」

 問いかければ、ジーは少しだけ寂しそうに微笑んだ。

「帰ってきてくれる気がしたんだよ。俺のミウが」
「ミウ」
「そうしたら、ミューに会った」

 右の口角だけをあげて、ニヒルに笑う。
 実由も、同じように笑う。

「何の因果なんだろうな。ミウと似た名前の女と、出会うなんて」

 感慨深げにそうつぶやいて、ジーは薄いまぶたを閉じた。

「ミウ、ミュー、……実由」

 ジーの口からこぼれた言葉が、実由には信じられなくて、目を見開いてしまった。

「どうして、私の本名、知ってるの」

 ジーはいつもと同じようにニヤリと右の口角を上げて笑い、「秘密だ」と楽しそうに声を弾ませた。

+++++++++++++

次話(第47話)へ
目次へ
ブログTOPへ

拍手いただけると嬉しいです!

【2009/07/23 03:26】 | 神様がくれた(恋愛)
トラックバック(0) |
神様がくれた
じいに捧ぐ物語。

目次へ
ブログTOPへ

第45話 始まりを見つけた。

+++++++++++++

 水平線が赤い色に染まっていく。
 紺色に染まっていた海が赤い色を帯びて、波間が揺れるたび金色に輝いた。
 燃えるように赤い太陽がのそりと顔を出し、たわむ水面に丸い形を揺らめかせる。
 海風に煽られた髪が、顔にまとわりつく。
 湿り気を帯びた髪は煩わしくて、実由は髪を払いのけ、空に見入っていた。
 浮かび上がっていた月は赤とオレンジと金色の光に飲まれ、見えなくなっていく。

「すごい……」

 夕焼けよりも深い赤が空一面を染め、海もまた赤い光を反射する。
 昔、初詣に行った時に見た初日の出を思い出した。こんな風に赤く美しい太陽の光は、未だにまぶたの裏に焼きついて忘れることが出来ない。
 あの時の光よりも強烈な赤が目に飛び込んでくるのは、空の鏡になった海があるからだろうか。

 蛍が波間を漂うように、光の粒が舞い飛ぶ。はねては舞い散り、大海の一部へと融けていく。

「神様」

 目をつぶっても赤い光が届く。
 潮騒の音が耳の底で木霊して、体がふっと宙に浮いたように軽くなった。海の水に浸かり、波のリズムに体を委ねた時と同じ感覚が、ふわふわと体の芯から指先へ伝わる。

「私、忘れない」

 この夏の日々を。厚志を、和斗を、太郎を、ジーを。
 消えない記憶として、心に刻み込もうと誓った。

 膝に顔をうずめて、一心に太陽を見据えた。
 この海に初めて来た時、太陽を見ても何も感じなかった。空しさとか切なさとか、負の感情だけでしめられた心に、太陽の光は届かなかった。温かさを感じ取ることが出来なかった。
 なのに、今は違う。

 澄み切った空気が腕をつんつんと突くのに、ほのかな温かさを見つけることが出来る。
 降り注ぐ光を、体全体が認めている。

「おい」

 突然、肩を叩かれて、実由はびくりと体を震わせた。おそるおそる振り返ると、和斗が立っていた。

「またここに来てたのか」
「和くんこそ」
「お前がふらふら出てくのを見てたんだよ」
「嘘」
「勉強してたら、窓から見えた。なかなか戻ってこねえから」
「意外と心配性なんだね」

 あんな朝方近くまで勉強をしていたことに驚いた。和斗は家の手伝いをしているし、勉強する時間もあまり取れないのだろう。
 生真面目な性格なのは、この一ヵ月足らずでなんとなくわかった。

「きれいな朝日だな」
「うん」

 朝焼けに染まる和斗の顔。
 和斗が真っ赤になっているようで、実由は少しだけかわいいと思ってしまった。

「あと少しだな」
「何が?」
「お前が家に帰る日」
「うん」

 お盆はもうじき訪れる。お盆があければ、実由はここから去るのだ。もうそれは決めたことで、今日、確信したことだった。

「……俺、東京の大学を受けるんだ」
「どこ?」
「それはまあ、受かったら教える」

 和斗が自分から自分の話をしてくれるのは初めてのことだ。実由は好奇心にくすぐられて、和斗の顔を凝視する。
 視線に気付いた和斗は鼻の頭をポリポリと掻いて、わざとらしく視線をそらした。

「一人暮らしをするつもりでいる」
「すごいね」

 素直に感嘆の声をあげたら、和斗は「普通のことだろ」と笑った。

「でも、夏になったらちゃんと家に帰る」
「うん」

 海の家で黙々と開店作業を進める和斗の後姿を思い出した。
 いつも背中を向けているくせに、しっかりとその場にいる人の行動を見ている。背中に目でもついてるんじゃないかと思うほど、周りを把握している。
 和斗の背中はいつも何かを語りかけてくる。父親の背中のように。

「ここは、俺の家だから」

 和斗の目線の先に広がる海を、実由も見つめた。
 太陽はじりじりと歩を進め、あと少しで丸い姿を見せようとしていた。

「お前も、帰って来いよ」
「え?」
「ここは、お前の家でもあるから」

 喉の奥がぎゅっと痛くなった。目頭が熱を帯びて、目の前の海がぐらぐらと揺れた。

「実由」

 黄金色の光に目が眩む。和斗はすっと目を細めながら、小さく笑った。

「待ってるからさ」

 どう答えていいかわからなかった。さざなみのように、目の前は涙の海でたわんでいく。

「うん」

 返事するのがやっとだったけど、心からうなずいていた。

「うん」

 もう一度うなずいた時、和斗はぽんぽんと実由の頭をなでてくれた。
 
 ふと気付いた。
 和斗が名前を呼んでくれたのは初めてだった。


 波が一定のリズムを刻む。
 風が耳をくすぐる。
 光が頬を熱くする。

 赤い光の、その向こうに、朝日のきらめきを感じると同時に、実由は確かな始まりを見つけていた。
 心が、朝焼けの光と共に新しい世界に飛び込んだ瞬間だった。


 それは、一生忘れられない始まりの合図。
 




 今はまだ見えない道の先。
 不安定で怖いけれど。
 帰る場所があって、待ってくれる人がいることを、知った。

+++++++++++++

次話(第46話へ)
目次へ
ブログTOPへ

拍手いただけると嬉しいです!

あとがき↓
あと2話で最終話です。
連載中、更新が滞ったりして申し訳ありませんでした。

最後までお楽しみいただけたら幸いです(^^)

また、1万HIT御礼小説を書こうと画策中です。
なんかリクエストあったらコメント欄、メッセ、拍手からいただけると嬉しいです!


今のところ、小説家になろうで連載した作品の短編を書こうかなーと思ってます。


追記を閉じる▲

【2009/07/11 04:56】 | 神様がくれた(恋愛)
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。